マスター・ククスの神

マスター・ククスの神 第23話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

ギルトはソ議員に金塊と極秘文書のコピーを渡す。

ミルジャからミョンの正体を聞かされたギルト。

ミョンはまだギルトから奪うものがあると忠告する。

ギルトは議員の公認面接に落ちる。

ギルトはソ議員の前でチェ議員を殺害し、公認を得る。

ソンノクを助けていたドッグは証人としてヨギョンのところへ連れていく。

チェ議員が死んだとニュースでしるヨギョン。

ヨギョンはギルトの逮捕を急ぐ。

スポンサーリンク

マスター・ククスの神 第23話のあらすじ

ギルトはクンナクの中にある自分の肖像画を見て外すようにいう。

ギルヨンがはずすといい、外に持ち出すと絵の裏に入れていた書類を取る。

テハがきて書類を奪う。
ギルヨンは極秘文書をヨギョンから預かり、絵の裏に隠しておいた。

テハは自分がしまっておくというと、ギルトの手先だから渡すのかというギルヨン。
ヨギョンの大事なものだからというギルヨン。

テハはこれを持っていると死ぬという。
ヨギョンから電話がきてみんなで会うことになる。
 

ミョン、ヨギョン、テハ、ギルヨンの4人が集まる。
テハの父に殺人教唆したのはギルトだと言うヨギョン。

極秘文書を使って追い詰めるという。
書類がソ議員に渡ると証拠隠滅をするというテハ。

ヨギョンは取引するというがテハは危険だと反対する。
生放送までにソ議員の取引を終えるというヨギョン。

放送後に緊急逮捕をして無期懲役にするという。
同じ敵に別々に戦ってきたけれど、1人で戦うことはやめようというヨギョン。
 

ヒョンジョンがギルトの部屋にきて生放送の話を持ちかける。
選挙前の最後の出演なので特別なことをしたいという。

乗り気になったギルト。
部屋を出たヒョンジョンはミョンに連絡する。
 

ヨギョンはソ議員に見せたいものがあると電話をする。
書類をなぜ持っているのかと聞くソ議員。
 

ギルトはみんなを集め、出馬するという話をする。
持ち株を委任するというギルト。

ミョンはクンナクに関するものを選挙が終わるまでに消す気ではないかという。
ギルトはミルジャに株を委任するという。

持ち株40%になるからミョンに問題があれば厳しく指導してほしいとギルト。
ミルジャはミョンの味覚に問題があるといい、生放送で宮中キジそばを作れという。
 

ソ議員はギルトが原本を持ってないことを知る。
テハがソ議員に会いに来て極秘文書の書類を見せる。

奪おうとするならマスコミに暴露するというテハ。
テハの条件はヨギョンの望みを聞き入れることだった。

ソ議員は、テハはもう死ぬ以外道はないという。
 

ヨギョンがソ議員の所へ行き、書類を出そうとするともういいという。
ヨギョンの望みを聞くソ議員。

ギルトを捕まえるため証人の口を開かせてほしいというヨギョン。
ソ議員は世間知らずにもほどがあるという。

最後のチャンスだからギルトを捕まえろというソ議員。
 

テハはダヘと待ち合わせをする。
テハは父が殺人をしたという話をダヘにする。

もう自分は逃げないといい、ダヘにも逃げないでほしいというテハ。
父親が何をしてもダヘは悪くない、耐え抜いてほしいという。
 

生放送の準備をするミョンの部屋にダヘがきて味覚がまだ戻らないのなら手伝うという。
自分の力でやり遂げたいというミョン。

ギルトも生放送の準備をしているとヒョンジョンがきてメイクを手伝う。
緊張するというギルト。
 

ソ議員は総長に連絡をし、頼みがあると話す。

部長がヨギョンのところに緊急逮捕状を持ってくる。
総長が動いたようだという部長。
 

生放送がはじまろうとする。
質問は赤いシャツの男性を指名するようにいうミョン。

妻とミルジャも見に来る。

テハとダヘは上から見学する。
ダヘに絶対に逃げないと約束だというテハ。

生放送がはじまり、司会のヒョンジョンは進行する。
質問の指名を赤いシャツの男にする。

赤いシャツの男はソンノクだった。
ギルトが驚き、まずいという。

ソンノクにマイクを渡すと質問する。
人を殺した気分は?というソンノク。

人を殺し、殺人教唆もしたと暴露するソンノク。
当時の気分をお聞かせてほしいと。

妻とミルジャも驚く。
ソンノクは外に出される。
 

ソ議員は仕事を頼めるやつがほしいと電話をする。
チンピラ以外で腕のいいのを確保しろと指示する。

ギルトとダヘのDNA鑑定書を見ていたソ議員。
ギルトには敵が多すぎるという。
 

ヒョンジョンはミョンにどうやって麺打ちを学んだのかと聞く。
父親に習ったというミョン。

苦労して完成させた宮中キジそばを信じていた友達に奪われ、殺されたというミョン。
そんなことをしても何も変わらないというギルト。

ギルトが何者なのか、世間が知ることになるというミョン。
母も殺されて、父の名前もギルトに盗まれた。
父の名前はハ・ジョンテだと明らかにする。

上で聞いていたダヘは動揺するがテハは逃げないで聞いてという。

ミョンは手配書を出してキム・ギルトがそいつの本名だと明かす。
ギルトはその場を出ようと歩き出す。

ヨギョンたちが入ってきて逮捕状をだし、連行されるギルト。
車の中ではスンソクと叫ぶ。

ギルトは車の中でヨギョンに質問があるというが後で聞くというヨギョン。
ギルトは 暴れ出し手錠をはずして車から逃げ出す。
 

ミョンは逃げたというニュースを見ているとテハがきてヨギョンは軽傷だという。
テハは悪事を暴いたからギルトはもう終わったという。

ミョンはすべてを失ったギルトの顔をみたいという。
ヨギョンには借りを返したからミョンが守れというテハ。
 

建物に逃げ込んでいたギルトは何度もダヘからの着信があったのをみる。
 

ダヘはギルトに電話をしていると男たちにさらわれてしまう。

テハにダヘが捕まった画像と場所のメールが届き急いで向かう。
書類を持って来たらダヘを解放するというソ議員からだった。
 

ギルトはソ議員に電話をして書類を渡すので事態を収拾してほしいと頼む。
書類を本当は持っていないとソ議員。

ダヘを預かっているというソ議員。
ギルトの娘だから関係あるという。

ギルトの命と引き換えならダヘを解放してもいいといソ議員。
場所を教える。

ギルトがくるかテハがくるか楽しみだというソ議員。
 

テハが到着すると、ソ議員と数人の男たちが待つ。
書類はどこだというソ議員。

ダヘの無事を確認してから教えるというテハ。
電話でダヘの無事を確認し安心する。

自分の匂いを覚えていて、いつか素敵な店で食事しようとテハ。
ダヘは何かするならやめてほしいと頼む。

テハはドッグにダヘを守るようにと電話する。

極秘文書の書類をソ議員に渡す。
終わりにしようかというテハ。

ソ議員は立ち去り男たちに囲まれる。
テハは殺されてしまう。
 

7日後にミョンのところにミルジャがきて店にでないことで激怒する。
殺人犯が作った麺を誰が食べるのかというミョン。

このままつぶしたくないというミルジャ。
出ていってほしいという。

ギルトは必ず現れるから出ていけないというミョン。
命がけで決着をつけるという。

テハは自分が殺してしまったのも同然だと言うミョン。
ギルトが死ぬまでは黙ってみててほしいと。

ミルジャはどんな手を使ってもミョンをやめさせるという。

マスター・ククスの神 第23話を見た感想

ギルトの罪がとうとう思い切りみんなの前で暴かれました。

でもテハが死んでしまったのはかなりショックです。

ダヘとうまくいっていたのにかわいそうな結末です。

ソ議員はやっぱり悪魔のような人だったのですね。

ギルトは逮捕されても車から逃げ出すような体力があってすごい。

でもどこに隠れているのでしょう?

以前も隠れてミョンの父のものを奪ったし。

ダヘを助けにはいかなかったのをみるとやはり最低だなというところです。

いよいよ次回最終回。どんな結末になるのでしょうか。
 

-マスター・ククスの神

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.