マスター・ククスの神

マスター・ククスの神 第24話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

ミョンとテハとヨギョンとギルヨンは集まり、ギルトを捕まえるための計画を練る。

生放送に出ることになるミョンとギルト。

テハは極秘文書を自分が持っているとソ議員に取引を持ちかける。

生放送が始まり、質問をしたのがソンノクで殺人のことを暴露する。

ミョンは自分の親が殺され、名前もとられたことを生放送で話す。

ギルトはヨギョンに逮捕されるが途中で逃げ出す。

ダヘがソ議員により拉致され、テハが助けに向かう。

ダヘが解放され、ソ議員に極秘文書を渡した後テハは殺される。

逃げたギルトは必ず現れると思っているミョン。

スポンサーリンク

マスター・ククスの神 第24話のあらすじ

ミルジャは妻にミョンのグチをいうと、友達が死んだのだから悲しむ時間は必要だという。
麺よりも人のほうが大事だという妻。

ダヘはテハの死で落ち込んでいると、ギルヨンがきてテハの遺品を持ってくる。
2人で泣きながら遺品を手に取る。
 

検察にギルトが自首してくる。
ヨギョンはギルトの耳元で茶番はやめてという。

ソンノクが呼ばれギルトのいる取り調べ室に入る。
橋の下でソンノクを殺すように指示したのかと聞くヨギョン。

ソンノクは供述を変え、供述したことを思い出せないと話す。
ヨギョンはギルト側になったことを理解する。
 

数日前にギルトはソンノクに金を渡し買収していた。

ソンノクは供述を撤回すると言い出す。
ソンノクを外に連れていかせ、ギルトに買収されたのか聞くヨギョン。

ギルトはソ議員の家の者を殺したのは自分だと認める。
ミョンの両親のことはミョンの証言しかないといい2つとも時効だというギルト。

チェ議員の小切手の事件は不起訴になったドッグがしたことだから関係ないという。
7日間の逃亡は事故のショックでパニックになり、道に迷ったというギルト。

ヨギョンはテハも殺したのかと聞くが、ギルトはテハを殺してないという。
 

トイレでギルトとソンノクは会い、もう1つ頼みたいことがあるといい、大変だろうが手に入れろというギルト。
 

ヨギョンは上司に罷免か賄賂の犯罪で逮捕か選べと言われる。
罷免にしてくれというヨギョン。
 

ソ議員はギルトの自首した記事を見る。
虫はいつでも殺せる、大統領選に出馬すると側近に話す。

ヨギョンがソ議員に会いに来て、ギルトは不起訴になり上機嫌だろうという。
機会をもう1度くれというヨギョンにもう忘れて仕事を捜せというソ議員。

自分が極秘文書を持っていると信じていたヨギョンはそれを渡すとソ議員にいうと、
本当かと強く言われ、ヨギョンは確認しに急ぐ。
 

金庫にしまっていた極秘文書の封筒を開けるとテハからの手紙だった。
自分を思い出したら読んでほしいと書いてある。
 

ヨギョンは帰ろうと車に乗ると後ろにギルトが乗っている。
テハを殺したのはソ議員だというギルト。

自分かソ議員かを選べという。
この悪縁を何とかして断ち切るべきだというギルト。

ヨギョンはソ議員が殺したという証拠がないと信用できないという。
ギルトはダヘが誘拐された写真とソ議員の録音を聞かされる。

テハにも同じような電話をして先に着いたテハが命を落としたというギルト。
ソ議員を殺すというギルトはそのためにヨギョンの助けが必要だという。
 

ソ議員に電話をするギルト。
入ってもいいかと聞き、中で話をする。

ダヘをなぜ誘拐したのかと聞くとギルトをおびき寄せるためでまさか娘まで見捨てるとはというソ議員。

テハを殺した理由は、自ら命を捨てに来て、命と引き換えにダヘとヨギョンを助けたという。

ギルトは極秘文書だけ奪えば済んだという。
ギルトが無実の人を2人も殺しからこうなったというソ議員。
 

ギルトは部屋を出て車に戻るとソンノクに用意させた拳銃を出す。
 

ヨギョンはソ議員に電話をするが無視されてしまう。
 

ミョンの所へ行き、ソ議員に会わせてほしいと頼む。
何があったかを聞くとテハはソ議員に殺された、絶対に許せないというヨギョン。
 

ミョンはソ議員を食堂に呼び、料理を出す。
ヨギョンと会ってほしいと頼むと会うというソ議員。
 

ダヘはクンナクで宮中キジそばを客の指名で作るように言われる。
料理を運べと指名したのはギルト。

ギルトはキジそばを食べて、腕を上げたとダヘをほめる。
ダヘはテハを殺したのかと聞く。

誰がころしたのかは教えられないというギルト。
ダヘは電話に出なかったギルトのせいだと怒る。

自分を救うためにテハは死んだといい、悪事を働いたギルトが死ぬべきだという。
 

ドッグはヨギョンと会い、ダヘの誘拐とテハを殺したのが誰かわかったと伝える。

ソ議員はヨギョンだけを呼んで他の者は通すなという。

ヨギョンはドッグと2人で現れる。
ソ議員の手下はドッグが倒して誰もいない。

テハは命と同じくらい大事な友達だったのにソ議員が殺したというヨギョン。
私を殺すつもりかというソ議員。

自分の体に触れたらどうなるかわかっているなといい、消えてなくなるという。
そこまでいうなら殺せないことにするというヨギョン。

私たちと違う人間もいるといいその場を離れるヨギョンとドッグ。
 

ギルトがソ議員に近づいていく。
30年前に会ってからおかしくなったというギルト。

終わりにするというギルトは銃口をソ議員に向ける。
今日までは獣の真似をして生きるといい、ソ議員を殺す。
 

銃を片手に持ったままクンナクに入るギルト。
客や従業員もいる前で誰も近づけず、天井に発砲する。
 

ミョンのいるところへきたギルト。
テハと父と母の位牌の前にいたミョン。

ギルトは一度だけ罪悪感があったのはミョンの父を崖から突き落としたときだという。
ハ・ジョンテの名前で生きたのが一番幸せだったという。

悪いと思っていないというギルト。
ミョンに父のレシピの乗った手帳を渡し、これがクンナクの始まりだったという。

銃が1発だけ残っているといい、ミョンを打つか自分を打つかというギルト。
ギルトは自分の頭に銃口をあてる。

お前の復讐じゃない、俺が終わらせる自分で決めるというギルト。
ダヘが駆け込んだ瞬間に自分の頭を打つ。
 

検察ではヨギョンは自首するという。
自分がサラン園殺人事件の犯人というヨギョン。

そのほか証拠隠滅、収賄、殺人ほう助の罪を犯したという。
 

ミョンはクンナクを出る。
ダヘに父の秘伝のレシピの手帳を渡し、ギルトは盗んだが自分は譲るというミョン。

ダヘは1人ずつみんな去っていくと寂しそうにする。
店を守ってほしいというミョン。
 

3年後にダヘは麺匠になる。
ドッグはクンナクの運営室長となりダヘのそばで働く。

ダヘはテハと母の眠る納骨堂へ行き、逃げなかったと報告する。
これからも見守ってほしいと。
 

ヨギョンは出所し、ミョンの店に行く。
麺を食べながら、結局ここに戻ったとヨギョン。

最後にテハ、ギルヨン、ヨギョン、ミョンの4人で、チミョン食堂で食べた麺を思い出す。

マスター・ククスの神 第24話を見た感想

とうとう最終回になりました。

ギルトは最後まで殺人をしましたが謝ることもしないまま自殺しちゃいました。

悪党のままでしたね。

ソ議員は逮捕もなく、ギルトに殺されたという最後になりましたがこの人も謝ることはしませんでした。

でも最後に娘の麺を食べにきたところは、少しは父親だったのかなとも思います。

ソンノクの裏切りでどうなるのかと思いましたがやはりお金で動くような人間だったのですね。

ミョンは結局謝ってももらえず、勝手に死なれたので納得はできてないでしょう。
 

-マスター・ククスの神

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.