サイムダン 色の日記

サイムダン 色の日記 第30話(最終話)のあらすじと感想

更新日:

サイムダン 色の日記 第30話 前回までのあらすじ

意識のないジユンは夢の中でサイムダンに会い、ギョムを救う方法を教える。

サイムダンは王の詩を世子に渡し燃やし、ギョムを救ってほしいと頼む。

サイムダンはみんなを集めギョムを助けるために動く。

現在。

ミンソクは生きていて意識のないジユンに会う。

家に帰り母と息子と再会するミンソク。

館長はジユンたちに協力することをきめ行動する。

500年前。

島流しの日にネグミジャンの協力でみんなでギョムを助けだす。

船でギョムを送りだすサイムダン。

スポンサーリンク

サイムダン 色の日記 第30話(最終話)のあらすじ

助手は学長の所に行き、館長が記者会見を始めたとテレビを見る。
 

会見場で見ているヘジョンとサンヒョン、記者に混じり写真を撮るラド。

館長は会長と事実隠ぺいを会見で暴露する。

すべてカメラと盗聴器での証拠を公表する。

ジユンが本物の金剛山図とサイムダンの日記を見つけたことも話す。

そしてミン学長の殺人示唆とジユンへの脅迫も暴露する。

夫の会長は、絵を本物と偽り、巨額の融資詐欺をし、融資で得た資金で株価を不正操作し、1人のファンドマネージャーを破滅させたと話す。

ミンソクの無実も明かす館長。
 

ミンソクは意識のないジユンの病室のテレビで会見を見る。

ジユンの意識が戻り、ミンソクは涙を流して喜ぶ。
 

会長は連行され、学長も逮捕される。
 

ジユンの病室へ急いで向かうヘジョンとサンヒョン。

病室へ入ると家族もいてヘジョンは泣いて喜ぶ。

館長の話を聞いたかとジユンに聞き、すべて終わった、勝ったというヘジョンとサンヒョン。

ジユンはみんなにお疲れ様という。
 

館長の娘のアンナを誘いサンヒョンは飲みに行く。

たとえ両親でも罪を犯せば償うべきだというアンナ。

元気を出せと励ますサンヒョン。
 

ジユンは外を見ているミンソクに顔を見せてという。

変なことをいうようだけれど寝ている間にいろいろなことあったと話すジユン。

幸せに暮らそうというと、君がいればいいというミンソク。
 

ジユンは退院後、ヘジョンとサンヒョンと真作を渡す準備をする。

サイムダンの似顔絵だけは3人の秘密にしようというジユン。
 

500年前。

サイムダンは立ち上がると胸が苦しくなり倒れそうになる。

子どもたちが家に戻るといつも通りに振舞うサイムダン。

フィウムダンの息子2人も一緒に帰ってきて話をする。

名前を変えて無事に過ごせているとサイムダンにお礼をいうジギョン。

サイムダンは兄弟2人で行くべきところがあるといい、場所の書いた紙を渡す。
 

フィウムダンは山の中の食堂で働いていると、息子たちが会いにくる。

久しぶりの再会に涙する3人。
 

サイムダンはウォンスに食事を出し、今まで至らない自分で苦労が多かったでしょうという。

これまでのことを感謝しているというサイムダンは心からお詫びする。

ウォンスは涙を流しながら食事をする。

紙所では以前と変わらない平穏な日々に戻る。

サイムダンは青空を見上げてギョムにお変わりないですかと心で話しかける。
 

ギョムはサイムダンのことをいつでも思いながらイタリアで絵を描き過ごす。
 

サイムダンは子どもたち4人と海に散歩に行く。

サイムダンとメチャンは座り、息子3人ははしゃいでいる。

引っ越しのときにサイムダンの母に寂しい思いをさせないでと言われていたというメチャン。

メチャンはサイムダンにお礼を言う。

過去より未来が明るいということをサイムダンが教えてくれたという。

ずっと幸せに暮らそう、どこにもいかないと約束してというメチャン。

サイムダンはジユンにもらったミサンガをメチャンにつける。

縁のものだというサイムダン。
 

サイムダンは父親ウォンスのことでもう少し理解してあげてほしいと子どもたちに話す。

まっすぐ成長できたには父・ウォンスのおかげだというサイムダン

ウォンスがやってきて、子どもたちに笑顔で父のとこへ行くように促すサイムダン。

サイムダンは遠くで手を振り、こっちにこいというウォンス。

サイムダンは呼ばれながらも笑顔で手を振り、反対の方向に歩いていく。
 

サイムダンは亡くなってしまい、家族はみんなで泣き叫ぶ。
 

現在。

ジユンは家族とヘジョンとサンヒョンで乾杯する。
 

サイムダンの思母詩の碑に家族で行くジユン。
 

ジユンはイタリアへ向かう。

ラドから聞いていた話がある。

ラドにはボスがいて、ラドの創始者でハンサムな芸術家で資産家でもあるといい、写真も上手だと聞いていたジユン。

絵と日記が隠してあった扉の前に行くジユン。

外を眺めていると写真を撮られたのに気が付き、ギョムに似た男性が会釈する。

サイムダン 色の日記 第30話(最終話)を見た感想

とうとう最終回を迎えました。

ジユンの意識が戻ってよかったです。

館長の決意の会見のおかげで悪事を働いた人たちもみんな捕まりました。

ウォンスはクォン氏とどうなったのかよくわからなかったですが、戻ってきて、サイムダンは死んでしまいました。

笑顔で逆方向へ歩いていったのはそういうことだったのでしょうか。

ラドの正体も見ていればだいたいわかったけれどドラマの中では特に明かしませんでした。

イタリアで会うというところがまた運命的に見えました。

最後はサイムダンとギョムが美しいイタリアの景色で手を取るところがよかったです。
 

-サイムダン 色の日記

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.