サイムダン 色の日記

韓国ドラマ サイムダン<色の日記>の登場人物を紹介!

更新日:

現代と500年前の2つ時代のドラマです。

現代の主人公ジユンはイタリアで500年前のシン・サイムダンの日記を発見します。

見つかったサイムダンの肖像画はジユンにそっくりなものでした。

サイムダンとギョムの純愛と王の陰謀、そして日記と金剛山図の謎の解明と、現代の主人公ジユンと500年前のサイムダンの生き方を描いたドラマです。

ジユンとサイムダンに関わる現代と500年前のお話の登場人物がいますので紹介したいと思います。

サイムダン 色の日記の登場人物紹介

ソ・ジユン

ドラマの主人公です。

大学の美術非常勤講師をしていました。

夫と一人息子がいます。

性格はつくすタイプで教授になるためにがんばっていました。

後輩のサンヒョンと友達のヘジョンと共にサイムダンの日記と金剛山図について解明していきます。

1つの追究には真剣に取り組む人です。

ハン・サンヒョン

ジユンの後輩です。

独身男性で偶然ジユンの家の上に住んでいます。

金剛山図について疑惑を抱いていた一人です。

漢文を読むのが得意です。

ジユンとヘジョンの仲間です。

コ・ヘジョン

ジユンの友達です。

復元センターに勤務していてサイムダンの日記の復元をしていきます。

いつもヘジョンの味方で既婚者です。

チョン・ミンソク

ジユンの夫です。

ファンドマネージャーをしていました。

会社が倒産に追い込まれ、原因を探るために姿を隠します。

ミン・ジョンハク

大学教授です。

ジユンや助手をこき使います。

冷酷に人を切り捨てられる人です。

自分のことばかり考えているところがあります。

強引な汚い手を使うこともあります。

ジユンのたちの敵になります。

チョン・ウンス

ジユンの小学生の一人息子です。

非常に頭がいい子ですが傷つきやすいです。

キム・ジョンヒ

ミンソクの母親でジユンの義母です。

息子の失業によりジユンに冷たく当たることもあります。

きつい性格ですがジユンのいい理解者です。

孫のウンスのこともかわいがっています。

ソン・ミギョン

ソンギャラリーの館長です。

基本的に冷たい人間です。

ホ・ヨンド会長の妻です。

夫婦仲はほとんど破綻しています。

ミン教授にも厳しく対応しています。

ホ・ヨンド

ソンジングループの会長です。

ソン館長の夫です。

金と利益のことしか頭にありません。

偽物の金剛山図を担保に億の金を借りたりします。

お金に汚いあくどい人間です。

アンナ

ソン館長の娘です。

サンヒョンの行くクラブによくきています。

ナム助手

ミン教授の助手です。

言われたことはだいたい従ってしまいます。

ムン助手

ミン教授の助手です。

ジユンの家に無断で入るなど、犯罪に近いことも頼まれてしてしまいます。

シン・サイムダン

とても美しい顔をしているので周りの男性はだいたいみとれます。

若いときはギョムの恋人でした。

心のきれいなまっすぐな女性です。

わけがあり、ウォンスと結婚して三男一女の子どもの母親です。

子どもには厳しい教育をしますが愛にあふれています。
 

天才的な腕のある画家でもあります。

家庭のために紙工房の長になります。

人の気持ちも理解し、憎むようなことをしない人です。

ギョムへの思いを隠しながら母として生きます。

イ・ギョム

王族の人で若いころサイムダンと結婚の約束をしていました。

絵の才能のある画家でもあります。

あちこち海外を旅したりします。

比翼堂ではなくてはならない存在でみんなに慕われています。
 

誰とも結婚することなく一途にサイムダンだけを思い続けます。

いつも影でサイムダンの力になります。

フィウムダン(ソクスン)

若いころはソクスンという名でサイムダンのことも知っています。

旅籠屋の貧しい娘でした。

ギョムのことが好きで激しくサイムダンに嫉妬します。

サイムダンとギョムに罠をしかけ2人を別れさせようとします。
 

ミンに頼み込み、後妻になり2人の息子の母親です。

いつもミンには逆らえず怯えています。

嫉妬からサイムダンを憎み、命をねらったりします。

絵の才能もあり、学堂の母親たちからはチヤホヤされます。

紙の店も経営し、ヘンスもしています。

比翼堂では黒牡丹として顔を隠し、有名になります。

ミン・チヒョン

フィウムダンの夫です。

官僚をしていて残酷にもたくさんの人を殺害します。

ギョムを激しく憎みます。

紙屋にも関わっています。

倭族ともつながりがあり、悪いことします。

人の弱みを握り、金に汚い人間です。

朝鮮第11代王

朝鮮の王です。

サイムダンとギョムを引き裂くきっかけを作った人です。

ギョムのことを慕って尽くしてくれますが裏の心は冷たいです。

自分は孤独だと思いながら官僚たちからの襲撃をいつも恐れています。

あまり味方という人が少ない人です。

王座を守るためなら残酷になったりもします。

身勝手な心も持っています。

イ・ウォンス

サイムダンの夫です。

若いころからサイムダンが気になっていました。

4人の子の父親です。

科挙に何年も落ち、20年近く無職でサイムダンに苦労をかけます。

浮気をしてクォン氏との間に子どもができてしまいます。

シン・ミョンファ

サイムダンの父親です。

王が送った詩がきっかけで殺されてしまいます。

元官史をしていました。

学堂で子どもたちに勉強を教えていました。

ヨンイン

サイムダンの母親です。

イ・ソン

サイムダンの長男です。

科挙よりも鍛冶職人を志望します。

イ・メチャン

サイムダンの長女

しっかりしていて父親にもきちんと意見をする子です。

サイムダンの血をひき、絵の才能があります。

イ・ヒョルリョン

サイムダンの次男です。

頭がよくて本をよく読んで勉強をしています。

物知りで大人との会話もスムーズにできてしまいます。

イ・ウ

サイムダンの三男です。

かわいい子なので比翼堂やギョムからも可愛がられます。

サイムダンはよくこの子からわからないことのヒントがひらめきます。

イ氏

ギョムの大伯母様です。

母親のようなものでほとんどこの人に育てられています。

ギョムには厳しいですが愛情のある方です。

廃妃・シン氏

元王妃様です。

サイムダンの家の隣人で優しい人で子どもたちもかわいがってくれます。

イ・フ

ギョムの甥です。

いつもギョムと行動し、頼みごともよく聞いてくれます。

いつもギョムの味方です。

ヒャン

サイムダンの家の小間使いの手伝いさんです。

ウォンスにもきつくものが言えるはっきりした人です。

サイムダンの仕事、家事、子育てを助けます。

コン氏夫人

富豪の妻でサイムダンの友達です。

サイムダンの父・ミョンファの講義を受けていました。

サイムダンをよく理解しているいい友達です。

イム・コッチョン

山賊の頭です。

ギョムの弟分で、ギョムの頼みをよく聞いて動いてくれます。

ペク・インゴル

学堂の教官をしています。

ギョムとは友達のような関係です。

王はあまりよく思っていないようです。

クォン氏

ウォンスが通っていた酒場の女将です。

ウォンスの愛人のような人です。

金が大好きな女です。

ソ・セヤン

ギョムと親しい派遣されている明の使者です。

ナム貴人

朝鮮第9代王・成宗の側室です。

寺にこもっていましたがミンが呼び寄せ王に近づき入れよくない知恵をします。

世子

王の長男で次期王になる人です。

ギョムの味方をしてよく一緒に行動します。

貧しい人を助けているサイムダンを見習っています。

パルボン

雲平寺での事件での真実を知る生存者になります。

首に傷のある男として捜されます。

サイムダンと紙作りをします。

高麗紙について詳しいことを知っている1人です。

ミン・ジギョン

ミンとフィウムダンの長男です。

ミンとフィウムダンの教育により勉強ばかりさせられ、心を病みます。

サイムダンの次男と仲良くなります。

ヨンイジョン

息子のことでミンに弱みを握られます。

ギョムのことを気に入りません。

チャイジョン

ミンから賄賂を受け取り、情報を提供したり協力したりしています。

イ・モンリョン

ギョムのことが気に入り、比翼堂で芸術家として通う。

言葉が女性っぽい人です。

王女

王の側室の娘です。

明るいですが言いたいことをいいます。

絵が下手なのに自分に才能があると思い描きたがります。

スポンサーリンク

まとめ

こうしてみますと現代と500年前合わせるとかなりの登場人物の数ですね。

サイムダンには見習うべきところがあって、悪いことがあったとしても必ず何か意味があると言っていました。

これは心に残りました。

ギョムは男らしくて、いつもサイムダンを思っていますが、立場も考えて重荷になるようなことも言わないし、理想の男性だと思います。

ジユンもサイムダンに似たところはありますがたくましい女性です。

現代、昔ともいろいろな人間模様も描かれています。

絵を描いているところも美しいですが、イ・ヨンエさんの美しさや、ソン・スンホンさんの素敵さも際立ちます。

このドラマが大好きだったので見てよかったです。
 

-サイムダン 色の日記

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.