お嬢さまをお願い!

お嬢さまをお願い!第14話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

誰も家に帰ってこなかったので、ドンチャンとヘナはウィジュの家で2人きりでした。

ドンチャンはヘナに、屋敷に帰るまでは恋人でいてくれと言いました。

しかし、ヘナは、その後はどうするのか聞くと、ドンチャンはわからないと答えるので、ヘナは、ドンチャンに抱きつき、朝まで、家の庭で一緒に寝ていました。
 

ヘナは、アルバイトやネット販売の仕事を頑張ったので、会長から屋敷に帰って来てもいいという許しが出ました。

しかし、ドンチャンの過去やドンチャンがヘナをだましていると言う記事が、出回ってしまい会長を怒らせてしまいました。

そして、ヘナはドンチャンの手をつかんで逃げようと言って、会社を出ました。

スポンサーリンク

お嬢さまをお願い!第14話のあらすじ

ヘナが会議に出席している間、ドンチャンが待っていると、ヘナが急いでやってきて逃げようと言って、手をつかんで走って行きました。
 

ドンチャンとヘナは、追ってくる人達をなんとか巻くことができました。

ドンチャンはヘナに何があったか聞きました。

ヘナは、会長にドンチャンの過去やヘナと付き合っていることがばれたと話しました。
 

会長は、怒ってどんなことをしても二人を探し出すように言いました。

カン理事は、計画が上手くいっていると大喜びしています。
 

ドンチャンは、会長に謝りに行こうとヘナに言いますが、絶対に許してくれないので二人は引き離されるとヘナが言いました。
 

屋敷にテユンとウィジュが心配してやってきましたが、マスコミもいっぱい押し寄せてきています。

ウィジュは、二人が駆け落ちしたのではないかと心配しています。
 

ヘナとドンチャンはバスに乗って海に行きました。

ヘナは、海に着いたのではしゃいでいます。

しかし、ドンチャンは本当にこれでいいのかとヘナに尋ねました。

ヘナは、ドンチャンが笑わないので、旅行に来たと思って、楽しいことだけを考えてと言いました。

ドンチャンもそうすると約束してくれました。

そして、ヘナとドンチャンは砂浜で大はしゃぎして楽しみました。
 

ドンチャンは執事長に電話をしましたが、ヘナにとって何が一番幸せかということを考えて欲しいと言われました。
 

一方、屋敷に来たテユンは、ヘナは一時的な感情でドンチャンと出て行ったので、きっと帰ってくると会長に言いました。

会長は、テユンにヘナを支えてやってくれと頼みました。

テユンは複雑な気持ちで帰っていきました。
 

ドンチャンはヘナに、会長に認めてもらわなければ幸せにはなれないと言いました。

ヘナは、認めてもらえる自信があるのかとドンチャンに聞きました。

すると、ドンチャンは頑張ると言ってくれました。

ドンチャンが以前ヘナから預かった物を返すと、ヘナはどういう意味かと不安がっていました。

しかし、ドンチャンは考えすぎだと言いました。
 

ドンチャンとヘナは、会長に会うためホテルの一室にやってきました。

そこにはまだ誰も来ていませんでしたが、ドンチャンはヘナを椅子に座らせて部屋から出て行きました。

ドンチャンは、少し涙を浮かべながらホテルを出て行きました。
 

その後部屋に来たのは、会長とテユンとテユンの両親でした。

会長は、ヘナとテユンを結婚させようとしていたのです。

ところが、ヘナは結婚できないと言いました。

それを聞いたテユンの両親は、怒って帰ってしまいました。

会長も怒って、ドンチャンのことが好きなら、もう孫とは思わないと言って出て行きました。

ヘナは、テユンに、ドンチャンとテユンのどちらがこの結婚話を考えたのか聞きました。

テユンは、二人とも同じ意見だったと言いました。

ヘナは、悲しそうにため息をつきました。
 

ドンチャンが、ウィジュの母の店に挨拶に来て帰ろうとした時、ヘナがやってきました。

そして、ドンチャンの顔を殴り、散々怒って泣きながら去っていきました。
 

しばらくして、ドンチャンにヘナを屋敷に連れて帰ってほしいという連絡が入りました。
 

ドンチャンはヘナのいるホテルに向かいました。

ドンチャンはヘナにののしられましたが、自分は愛する人のために身を引くことしかできないと言いました。

そして、初めから叶わぬ夢物語だったのだと言いました。

すると、ヘナは何も知らなくてごめんなさいと泣きながら手で口を押さえて謝りました。

ドンチャンは、何も言わず去って行こうとしましたが、いきなり振り向いてヘナのいる部屋に走って戻っていきました。

そして、ヘナをしっかりと抱きしめてキスをしてあげました。

お嬢さまをお願い!第14話の感想

ドンチャンは、会長に認めてもらうように頑張るとヘナに言ったのに、ヘナをだますかのようにして、会長に会わせました。

もちろん、ヘナのためを想ってやったことなのですが、本当にヘナのためになったのか疑問です。

もう少し、ヘナや自分のために強引に出てほしかったです。

テユンもなぜヘナの気持ちが、ドンチャンにあるのに、いきなり両親を交えて結婚の話しになるのかわからないです。

会長のいいなりだったのか、そんなことでヘナが振り向いてくれるとでも思ったのかちょっと情けないです。
 

-お嬢さまをお願い!

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.