お嬢さまをお願い!

お嬢様をお願い!第2話のあらすじと感想


更新日:

前回までのあらすじ

カンサングループの跡取りヘナは、わがままなお嬢様で気に入らないとすぐに使用人達をクビにしてしまいます。
 

花屋の配達中に、割り込むヘナの運転と態度に腹を立てたドンチャンは、カーチェイスさながらの運転でやり込めようとしますが、逆に車で突っ込まれ警察沙汰になります。

ドンチャンは、カンサングループの会長に気に入られ、ヘナの随行執事となります。

ドンチャンはお嬢様を誘拐したように見せかけて、お嬢様の家に連れて帰りました。そこには会長達が待っていました。
 

スポンサーリンク

お嬢さまをお願い!第2話のあらすじ

ヘナは、会長にドンチャンのことで抗議をしますが、会長は聞いてくれません。

ドンチャンを辞めさせる権限を持つのは、会長だけだと言われ、ヘナは、わめきながら部屋に帰っていきました。

そして、なぜドンチャンが随行執事を引き受けたのか、ヘナは疑問に思っています。
 

ドンチャンは、働きながら返済すると、借金取りに言いましたが、借金取りは笑っています。

ドンチャンは、自分の雇い主があのカン・ヘナだと言うと、借金取りは1か月だけ待つと言いました。

ドンチャンは、ウィジュ達に嘘をついて、会長の秘書として世界中を飛び回る仕事をすると言いました。
 

ヘナのお屋敷にやって来たドンチャンは、執事の仕事内容を色々教えてもらいました。

随行執事の役目は、お嬢様を敬い、命をかけて守らなければいけないことだと言われました。

そして、ドンチャンはそれを了解しましたが、ちょっと不安気味です。
 

ドンチャンは厨房に案内された後、メイドの統括役のチョ室長を紹介されました。

そして、3人の偉そうな執事を紹介され、ドンチャンはコネで採用されたと嫌味を言われます。

その後、保安チームが24時間体制で監視をしていると教わりました。
 

ドンチャンは早速お嬢様に呼び出され、いきなり、剣道の竹刀で殴られそうになりましたが、応戦しました。

ヘナは、ドンチャンに目的は何かと尋ねると、成り行きだと答えました。

剣道の勝負はドンチャンが勝ちましたが、ドンチャンは今までのことを謝り、新しい関係を築きたいと言いましたが、ヘナは、卑怯にもドンチャンがお辞儀をした時に、竹刀で頭を叩きました。

ドンチャンは一筋縄ではいかないと嘆きました。
 

会長とカン理事は、ヘナに新しい随行執事が付いた話をしています。

会長は、ゴルフ場建設の件はどうなったのかとカン理事に聞きました。

問題なく進んでいると答えると、問題だけは起こすなと会長に言われました。
 

一方、弁護士のイ・テユン(チョン・イル)は、一人で車に乗って、景色を楽しんでいました。

その時、先輩から何か問題があると電話が掛かってきました。
 

事務所に、カン理事が、進めているゴルフ場建設のことで、怒鳴り込んできています。

そこにテユンが現れ、ゴルフ場建設については問題があるので、ここが引きどきだと言いました。

しかし、カン理事は怒って帰って行きました。

テユン弁護士は、理事では話にならないので、やはり会長に会うべきだと言いました。
 

一方、ドンチャンは、3人のメイドから、執事の心得を学ぶための教材を貸してもらっていました。

ドンチャンは、「私はお嬢様の執事ですから」と言う言葉が気に入ったみたいです。

その時幼なじみのウィジュから、仕事の面接を受けるというメールが届きました。
 

一方、ヘナは、怒りながら部屋を歩き回り、ドンチャンを追い出す方法を考えています。

そこへメイドがやって来て、夜に晩餐会があると聞きました。

そして、ヘナのたくらみで、ドンチャンは一人で晩餐会の料理を作ることになりました。

ドンチャンは、素晴らしい料理を作ってお客さんおもてなしをしたので、みんなに褒められました。

しかし、ヘナには嫌味を言われたので、ドンチャンは、ざまあみろとつぶやきました。
 

朝食で会長はヘナに、ドンチャンに対して嫌がらせをしないようにと言いました。

会長は、会社に出ろとは言わないから、結婚しろと口うるさく言いました。

しかし、ヘナは、聞くつもりがなく、ずっと、祖父と暮らすと言いました。
 

ヘナは乗馬に行く時、いつも祖父と一緒に行きますが、今日はヘナ一人で行くと言っています。

メイド達は、ヘナがドンチャンに仕返しをするのではないかと心配しています。

ドンチャンは一緒に来るように呼ばれましたが不安そうです。
 

テユンは、乗馬クラブへカン会長に会うために来ていましたが、会長は来ていないと言われました。

仕方なくテユンは帰ろうとしますが、乗馬クラブの知り合いのおじさんと出会い、久しぶりに馬に乗る事にしました。
 

一方ドンチャンはヘナが、何か悪いことをするのではないかと気が重いです。

ヘナは、馬に乗ろうとしていると、テユンが馬に乗っているのが見えました。

その姿を見たヘナは、昔の恋人だと思い走って行きました。

その時、ヘナは競争している数頭の馬にひかれそうになり、ドンチャンに助けられました。
 

テユンが車で帰っていると、後ろからヘナが追いかけて来ていました。

テユンが車から降りてきて、何か用があるのかと聞くと、ヘナは何も答えなかった。

ドンチャンも車で追いかけてきて、テユンに、ヘナが知り合いと勘違いしたと謝りました。

ヘナはなぜか、泣きながらぼうっと歩いていたので、ドンチャンが追いかけましたが、ヘナは椅子に座って、泣いていました。

そして、泣いているヘナの手の怪我に消毒をしました。

ヘナは今日のことは、誰にも言わないようにとドンチャンに言うと、「私はお嬢様の執事ですから」と自慢げに言いました。

それを聞いたヘナはあきれています。
 

一方、テユンは、乗馬クラブで出会った人が、ヘナだと知りました。

その時、テユンの兄が、訪ねてきて、家のために協力してほしいと言いました。
 

ドンチャンはチャン執事から、ヘナのケガの理由を聞かれるたので、自分が怒らせたせいだと言いました。

ドンチャンは、クビだと言われました。

しかし、ヘナがやって来て、ドンチャンを辞めさせませんでした。
 

会長とチャン執事は、ヘナのいとこをだしに使って、有名なユサングループの次男テユンとのお見合いを計画しました。

テユンは、会長に仕事の話をするために、見合いに応じたと言いました。
 

一方、ヘナは見合いの話で逃げたことにするために、ドンチャンを殴ろうとしましたが、その時、テユンがヘナの手を掴んで止めました。

そしてテユンが、見合い相手だと言ったので、ヘナとドンチャンは驚きました。

お嬢さまをお願い!第2話の感想

ドンチャンは、借金返済のためにヘナの随行執事になりましたが、とてもわがままなお嬢様なので果たして勤まるのかが心配です。

ヘナの嫌がらせで、ひとりで料理を作ることになりましたが、それをこなしてしまうドンチャンが凄いと思いました。

テユンに似ているというヘナの昔の恋人は、いったいどういう人だったのか、そして、なぜ別れたのかが気になりました。

カン会長の見込んだドンチャンが、今後どのようにヘナを後継者として成長させていくかが楽しみです。
 

-お嬢さまをお願い!

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.