お嬢さまをお願い!

お嬢さまをお願い!第12話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

ヘナは、テユンと屋敷に帰っている時、これからは仕事が忙しくなりそうなので、嫌になると言いました。

すると、テユンはヘナに結婚しようと言いました。
 

そして、ヘナは、ドンチャンにテユンから結婚しようと言われたと話しましたが、ヘナは何か納得のいかない様子です。
 

ヘナは、良くない方法で会社の売上を伸ばそうとしたので、会長からひどく怒られました。
 

そして、家を追い出されましたが、ヘナはあまりお金を持っていませんでした。

仕方なく安いホテルの部屋で泊まることにしました。

しかし、翌朝目が覚めると、なんと目の前にドンチャンがいたのです。

スポンサーリンク

お嬢さまをお願い!第12話のあらすじ

会長に屋敷を追い出されたヘナは、ホテルに泊まっていましたが酔っぱらってドンチャンに、一人では怖いと電話をしました。

そして、ドンチャンが、迎えにきてドンチャンの家に連れて帰りました。

ヘナは、その事を全然覚えていないようでした。
 

ドンチャンは、ヘナに屋敷に帰るように言いましたが、ヘナは家出をしてきたと言って嫌がりました。

しかし、ドンチャンは連絡を受けていたので、追い出されたということを知っていました。

そして、ヘナに何をやらかしたのか聞きました。

ヘナは、ドンチャンには関係ないと言い返しましたが、ドンチャンは嫌がるヘナを屋敷に連れて帰りました。
 

会長は、まだ怒っているようでヘナに出ていくように言いました。

仕方なくヘナとドンチャンは、屋敷を出ていきました。

ヘナはドンチャンについてくるなと言いましたが、ドンチャンは心配しています。
 

一方、テユンはヘナに、本当に自分のことが好きなのかと聞いたことが、言ってはいけないことだったと悩んでいました。

しかし、先輩にヘナを誰にも渡さないと強気に言いました。
 

ドンチャンは、ヘナにテユンに謝る方法を伝授し、仲直りをするように言いました。

そして、ドンチャンが帰ろうした時にちょうどテユンが現れました。
 

ドンチャンは、その場を離れてから、二人でいたことをテユンに誤解されていないか心配しました。
 

テユンは、ヘナが家を追い出されたことを知らなかったと言い、そしてなぜドンチャンと一緒にいたのかと少し怒りながら聞いています。

ヘナは、テユンに話すのが恥ずかしかったと言いました。

そして、ドンチャンから仲直りの方法を教わっていたと言いました。

テユンは、自分よりも先にドンチャンに頼ったことが不愉快で、ドンチャンと一緒にいるところを見たくないと言いました。

ヘナはテユンに謝りましたが、自分でもどうしたらいいのかわからないと言って去って行きました。

その場に残されたテユンは、ため息をついています。
 

一方、ドンチャンは、執事長から連絡があったので会うことになりました。
 

ヘナを追い出した理由は会長の親心で、ドンチャンに影で支えてあげて欲しいと言いました。

しかし、ドンチャンはなぜ急にそんなことをするのかと聞きました。

執事長は、会長の命がもう長くないと言いました。
 

一方、テユンから電話があり、ヘナと連絡が取れないと言われました。

ドンチャンは探し回りましたが、どこにもいませんでした。

ヘナは、ドンチャンの家に向かっていたのです。

ドンチャンは、ヘナを見つけ、散々探し回ったと怒っていました。

ヘナは、ドンチャンの家に挨拶をしに来たと嘘をつきましたが、ドンチャンはヘナの嘘を見抜き、なぜ心配をかけるのかと怒りました。

ヘナは、会長もテユンも冷たく、行くあてがなくて頼るところがないから来たと、本当のことを言いました。

ドンチャンは、ヘナをしばらく泊めてあげるようにウィジュに頼みました。
 

翌朝ドンチャンは、ヘナに働くように言い、家事や花屋の手伝いをさせることになりました。

ヘナが店の手伝いをしている時に突然テユンがやってきて連れて行きました。

そしてなぜドンチャンの所にいるのかを説明しろと怒っています。

テユンは、ドンチャンといることが不愉快だともう一度言いましたが、謝りに来たのに怒ってしまったと言ってヘナを抱き寄せました。
 

ドンチャンは、ヘナにテユンと仲直りしたのになぜ浮かない顔をしているのかと聞きました。

しかし、ヘナは何も答えなかったので、ドンチャンはものまねをしたりしてヘナを喜ばせてあげました。
 

ヘナは、バイト探しをしていますが、偉そうな態度なのでなかなか上手くいきません。

ヘナは、ドンチャンになぜ自分を働かせようとするのかと聞くと、ドンチャンは自分の力でお金を稼ぐことを教えるためだと言いました。

そして、ドンチャンは会長にヘナが頑張っている姿を見せると喜ぶだろうと言いました。
 

一方、屋敷でテユンは、会長に結婚を許して欲しいと言っています。

しかし、テユンの両親が反対しているだろうと言いましたが、テユンは、説得すると言いました。

会長は、ヘナに世間の厳しさを教えてあげなければならないとも言いました。
 

一方、ヘナはウィジュの家で食事を作ったり、洗濯を手伝ったりしてドンチャンと一緒に楽しみながら頑張っていました。

そしてヘナは、ドンチャンから褒められて少し喜んでいる様子でした。
 

ヘナに、テユンから会えないかという連絡が来たので、会うことになりました。

テユンは、ヘナに会わせたい人がいると言いましたが、それはテユンの両親のことでした。

そして、ヘナはテユンの両親に紹介されました。

ところがその時ウィジュのお母さんから、ドンチャンが事故にあったと電話がかかってきました。

ヘナは、テユンに引き止められましたが、急いでドンチャンのもとに向かいました。

病院に着くとドンチャンのケガはたいしたことはありませんでした。

しかし、ヘナは本当に心配したと泣きながら言いました。

ドンチャンは、テユンとの食事はどうしたのかと聞くと、ドンチャンが心配で抜けてきたと言いました。

そして、泣きながらドンチャンに会いたくて飛んできたと言いキスをしました。

ヘナは去って行こうとしましたが、ドンチャンは追いかけてヘナを抱きしめてキスをしました。

お嬢さまをお願い!第12話の感想

ヘナは、突然テユンの両親と会うことになり、ヘナの心が揺れているせいか、少し戸惑っているようでした。

そして、初めて両親を紹介される大事な席にもかかわらず、ドンチャンが事故に遭ったと電話を受け、テユンが止めるのも聞かず、急いで駆けつけます。

ヘナは、きっとこの時ドンチャンがどれほど自分にとって大切な存在なのかに気付いたのだと思いました。
 

逆にテユンは、ヘナのことが好きだと言いながら、ヘナの気持ちに気付いていません。

自分の両親に会ってほしいと車で行った時も、ヘナは喜んでいませんでした。

テユンのそういうところが、少し残念に思います。
 

-お嬢さまをお願い!

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.