お嬢さまをお願い!

お嬢さまをお願い!第4話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

会長は、ヘナがお見合いを断ったことを残念がっていました。
そしてヘナは、会長が強引なお見合いをさせたことを怒っていました。

しかし、ドンチャンはそんなヘナの様子を見て、自分にもチャンスがあると思い、喜んでいました。
 

ドンチャンは、借金取りに、ヘナを襲わせる作戦を立てますが、失敗します。

そして逆に、テユンに助けられたので、ヘナがテユンを好きになってしまいます。
 

テユンはヘナを壁に、押し付けて自分のことが好きなのかと聞きました。

その時、ドンチャンが現れてテユンを殴りました。

スポンサーリンク

お嬢さまをお願い!第4話のあらすじ

テユンがヘナに迫っているところへ、ドンチャンがやってきて殴りました。

ドンチャンはヘナの腕をつかんで自分の後ろに隠し、ヘナが、贈り物をしたのは好きだからではなく感謝の気持ちだと言いました。

ヘナは怒って帰って行きましたが、ドンチャンが、男を追い回すのははしたないと言うと、ヘナはカバンでドンチャンを殴りました。
 

ヘナはテユンに言われたことを思い出し、腹を立てて剣道の竹刀を振り回していました。

ヘナは機嫌が悪く、メイド達が選んだ服や靴などが気に入らなくて荒れていました。

テユンから電話がかかってきましたが、ヘナは思わず電話を切ってしまいました。
 

そして、ヘナはお礼のために買った品をお店に返品しに行きました。

その時、先日お見合いを断った嫌な男がやって来ました。

腹が立ったヘナが、その男をカバンで殴ったのでヘナを訴えると言いました。

ドンチャンは、顧問弁護士に来てもらうように電話を入れました。

すると、テユンが、ヘナの弁護士だとやって来て、相手をやり込めました。

テユンの機転の利くしっかりした態度にヘナはうっとりと見ていました。
 

テユンの誘いで、ヘナとテユンは、カフェの室内で話をしました。

テラスで、ウィジュは、ドンチャンが、ヘナからお金を巻き上げるのではないかと心配していると話をしました。

しかし、ドンチャンは、あわてて違うと言い訳しました。

テユンは、ヘナに先日の無礼を謝りました。

ヘナは、気にしないでいいし、もう忘れたと言いました。
 

一方、カン理事は、会長にヘナが常務なのに出勤もせず後継者にふさわしくないと、みんなが言っていると言いました。

すると会長は、それなら会社に行かせればいいと話しました。

そして更に、テユンがヘナに迫っている写真を会長に見せ、テユンに潰された会社は沢山あり、次の標的になっていると会長を怖がらせました。
 

カフェから出てきた、ヘナとテユンは仲の良い雰囲気でした。

ヘナとテユンが仲良くなると上司のスアからの風当たりがきつくなるので、ウィジュは二人に、仲良くならないで下さいと頼み、会社に戻りました。

ドンチャン達は車で帰ろうとすると、停めていた車が駐車違反で持っていかれたため、ヘナは、テユンに送ってもらうことになりました。

そして、テユンとヘナは、一緒にバスで帰ることになりました。

二人はいい雰囲気でしたが、テユンが眠ってしまいヘナの肩に寄りかかってきました。
 

一方、ドンチャンは一人で家まで帰ってきましたが、ヘナはまだ戻っていませんでした。

そして、ヘナとテユンは、一緒に帰ってきました。

テユンが帰った後、ドンチャンがヘナに色々言ったので、ヘナは嫉妬しているのかと聞くと違うと答えました。
 

その後ヘナは、会長からテユンとの写真を見せられ、テユンのことが好きなのかと聞かれました。

ヘナは好きだと言いましたが、会長は反対しています。

しかし、見合いをさせたのは会長だと言って反論しています。

会長は、テユンが、親にたてついて事業の邪魔をしたので反対しています。

そしてヘナに諦めろと言いましたが、ヘナは嫌だと言うので、会長はヘナをアメリカに留学させるようにとチャン執事に言いました。
 

ドンチャンは、こっそり話を聞いていて、ヘナが外国に行ってしまうと困るので、どうしたらよいのかと思いました。

悩んでいるヘナのもとにドンチャンがやって来て、ヘナの話を聞いてあげています。

ヘナは外国に行きたくないとドンチャンに言い、何か良い方法はないかと、相談します。
 

ヘナの留学の日、みんなはヘナがいないので大騒ぎして探しています。

そこへ、ウィジュのお母さんがトラックに乗ってやって来ました。

そして、家に帰ってみるとトラックの荷台からヘナが降りて来ました。

なんとこれは、ドンチャンの計画で、ヘナを外国に行かないでいいようにするためでした。
 

ドンチャンは、ヘナをウィジュの家に泊めるつもりです。

ヘナは嫌がっていましたが、仕方ないので泊めてもらうことになりました。

ヘナがドンチャンの部屋のタンスを開けると、昔、ホストの仕事で使っていた服がいっぱいあったのを見つけました。

ドンチャンは、ダンスをしていた時の服だと言い訳しました。
 

ドンチャンは会長に、ヘナがテユンとの交際を認めてくれるまでは帰らないと伝え、なんとか会長を説得しようとしました。

そして執事長は、ドンチャンがヘナをかくまっていることを知っていたので、ヘナを連れて帰るように言いました。
 

そして、会長はしかたなく、ヘナとテユンの交際を認めると言いました。

しかし、会社に出勤するという条件付きです。
 

突然、ヘナが出勤することになったので、みんな掃除などで大忙しです。

会社ではみんな総出でヘナを出迎えています。

ところが、ドンチャンがヘナに仕事をするのかと聞くと、ヘナは、会社に出勤するだけと言っています。
 

その時、テユンから、電話がかかってきましたが、ドンチャンがそれを取って今は会議中だと言って切りました。

ヘナは怒りましたが、ドンチャンはこれも作戦だと言いました。

そして、今度はヘナからテユンに電話をかけさせました。

テユンはイベントに参加して欲しいと言いましたが、ヘナはドンチャンの作戦通り、行けないと断って電話を切りました。
 

それから、ドンチャンは、イベントに参加しないと言ったが、やはり参加するというのも作戦だと言いました。

そしてヘナは、テユンところに行き、二人きりになりたいから、ドンチャンに用事を頼み追い出しました。

ドンチャンは悔しがり、本屋で時間をつぶしています。
 

一方、ヘナとテユンは、イベントを楽しんでいます。

そしてイベントが終わり、帰りの車の中でヘナは、テユンのことばっかり喋って眠ってしまいました。

ヘナが、車から降りたらドンチャンに次のステップは何かと聞きました。

ドンチャンは次のステップはスキンシップだと言いました。

そして、ヘナを抱き寄せてキスをしようとしました。

お嬢さまをお願い!第4話の感想

ヘナがテユンと初めてバスに乗るシーンは、初めてのデートのように初々しく、いつもの気の強いヘナとは違って、とても可愛らしい一面が随所に現れていてとても好きな場面です。

ドンチャンは、ヘナにテユンを落とす作戦だと言い、ヘナには嘘をついているつもりですが、本当は全く逆効果なので、なんだかドンチャンが気の毒に思えてきます。

ヘナは、そんなドンチャンを疑いもせず、作戦を遂行しています。

そんなヘナの素直な一面も可愛いです。
 

-お嬢さまをお願い!

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.