お嬢さまをお願い!

お嬢さまをお願い!第9話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

会長が病気で倒れ入院しましたが、大勢のマスコミがやって来て、ヘナを囲みました。

しかし、辞めたはずのドンチャンが現れヘナを助けてくれました。

そして、ドンチャンは、会長が外国で手術をして帰ってくるまでの間、もう一度執事をやることになりました。
 

会社での会議の前に、ヘナは、ドンチャンに忘れた書類を取りに行かせました。

その時、借金取りが会社にやって来て、ヘナが話をしました。
 

そして、ドンチャンがヘナのところに戻って来た時、ヘナはいきなりドンチャンの顔をなぐりました。

スポンサーリンク

お嬢さまをお願い!第9話のあらすじ

借金取りは、ドンチャンがヘナに仕返しをするため脅かすようにと作戦を立てたと言ったので、ヘナはドンチャンを殴りました。

しかし、ドンチャンを殴ったのは横で聞いていたスアを黙らせるためでした。
 

ドンチャンは、借金取りに会うために電話をかけていますが電話に出てくれません。

借金取りはヘナと会い、ドンチャンの計画を全て話していました。
 

会社では会議の時間が過ぎましたが、ヘナは現れないので役員達は帰ろうとしています。

ドンチャンは、ヘナが今日の会議のために頑張って仕事をしていたと言って引き止めています。

その時やっと、ヘナが現れました。

ドンチャンは、その場を収めてヘナを連れて帰って来ましたが、ヘナは不機嫌そうです。
 

部屋に帰ったヘナは今までのドンチャンの行動や言動を思い直しています。

ヘナは、とても機嫌が悪く、食事を気に入らないと言って投げたりしました。

ドンチャンはヘナのことを怒りましたが、逆にドンチャンに説教する資格があるのかと言い返し、部屋に戻っていきました。
 

ヘナは、退屈だと言ってテユンを誘いデートをしました。

テユンは、ヘナに気が晴れたかと聞きました。

ヘナは、とても信じていた人がいたが裏切られたと言いました。

テユンも裏切られたことはあるが、そういう時は、最後まで信じようと努力すると言った。

そして、テユンは、もう一度チャンスをあげるのがいいと言いました。

ヘナは少し考え込んでいます。
 

家に帰ってきたヘナは、ドンチャンを見て、できることなら信じたいとつぶやきました。

その時ドンチャンは誰かいるような気配を感じましたが、気のせいだと思いそのまま2階に上がって行きました。
 

そしてドンチャンは友達に会うと言って出かけました。

ヘナは何か考えがあるのか警察に電話をします。
 

警察は、借金取りの会社に乗り込んで借金取りを捕まえました。

ドンチャンは、借金取りの会社に向かっていましたが、借金取りが警察に連れて行かれるのを見て、どうなっているのだとつぶやきました。

それをヘナは側で見ていて、ドンチャンの覚書を警察から渡され破り捨てました。
 

ドンチャンは、ウィジュに借金取りが捕まったと電話をします。

ドンチャンが自由の身だと言ってウィジュは、母親と喜んでいます。

ウィジュは、母親からドンチャンと結婚することは反対だと言われたので、泣きながら家を出て行きました。
 

一方、ヘナはたくさんお酒を飲んで酔っ払っていました。

そこでドンチャンが迎えに行きました。

ヘナは、信じていたテユンが嘘をついたと話していますが、本当はドンチャンのことでした。

ドンチャンは、テユンがヘナを失うかもしれないから話せないのだろうと言いました。

ヘナは、今からでもいいから全てを話して欲しいと言いました。

そして、ドンチャンに嘘をついていないかと聞きましたが、ドンチャンはないと言いました。

ヘナはそれならいいと言い、悲しそうな顔をしています。
 

そして店を出ると、ヘナは、泣きながら借金取りから聞いたドンチャンの計画や前にしていた仕事のことを話しました。

そして、ドンチャンにクビだと言って、タクシーに乗り込みました。

ドンチャンは、追いかけますがヘナは行ってしまいます。

帰りのタクシーの中で、ヘナは泣きながらドンチャンとの今までの出来事を思い出していました。
 

一方、カン理事とスアはなぜかヘナが計画した仕事の計画をパソコンで見ています。

そして、スアの母親にドンチャンのことを調べるように頼みます。
 

役員会議でヘナは、プレゼンを発表しますが、皆の反応は良くありませんでした。
 

カン理事は、スアのプレゼンを映像で流し、ヘナが考えたプレゼンはスアから盗んだもので後継者としては不適格だと言いました。
 

ヘナは不機嫌に帰ってきましたが、ドンチャンに次の策を考えようと言われました。

しかし、ドンチャンに腹を立てているヘナは言うことを聞かず、冷たい言葉を浴びせます。

ドンチャンは、用があったら呼んでくださいと言って部屋を出て行きました。
 

ヘナとドンチャンは四人で食事をすることになりました。

しかし、ヘナはドンチャンに嫌味を言うので、場の雰囲気が悪くなり、ウィジュは怒って反論しました。
 

その後、テユンはヘナをお茶に誘いました。

テユンは、しばらく黙っていましたが、ヘナにドンチャンとどういう仲なのかと聞きました。

ヘナはテユンに考えすぎだと言いましたが、テユンは納得しませんでした。
 

ドンチャンがヘナの部屋でうたた寝をしていると、ヘナから電話がありました。

なんとヘナはドンチャンが前に勤めていたホストクラブに来ていたのです。

しかし、ドンチャンはヘナと口論をしました。

ヘナは、泣きながら飛び出していったので、ドンチャンはヘナを追いかけます。

そして、ボーっとして歩いているヘナが車にひかれそうになったので、思わずドンチャンはヘナを助けようと引っ張って抱きしめました。

お嬢さまをお願い!第9話の感想

ドンチャンは、ヘナが自分のことを信じてくれているのに嘘をついてだましていたことがとても辛かったのだと思いました。

また、ヘナは、ドンチャンにだまされていたという事を借金取りから聞き、ドンチャンのことを心から信じていたのに本当にショックだったのだなと思いました。

ドンチャンに対して、テユン達の前で嫌味を言いますが、それが全て愛情の裏返しだと思うと納得出来ます。
 

ヘナは、テユンやウィジュの前でも、いつも平気でドンチャンのことを悪く言ってしまいます。

それは、素直なのかそれとも自分の気持ちを隠しておくのが苦手なのだろうと思います。
 

-お嬢さまをお願い!

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.