宮~Love in Palace~

宮~Love in Palace~第22話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

公式インタビューでチェギョンが離婚を口にしたことで、陛下は激怒します。

また、チェギョンがシンの本気の告白を踏みにじったことでシンは激怒をします。

チェギョンはシンに謝りますが、無視されてしまいます。
 

チェギョンは「席藁待罪」で陛下に謝罪をし続けます。

陛下はチェギョンを許さないという姿勢を崩さず、ユルはチェギョンに対して特別な感情があることを家族全員に打ち明けます。

スポンサーリンク

宮~Love in Palace~第22話のあらすじ

ユルは「チェギョンをずっと慕ってきた」と家族全員の前で伝えます。

掟を破ろうとするユルにシンは怒ります。

それに対し、ユルは絶対にチェギョンを諦めないという自身の意思を伝えます。
 

陛下から部屋に戻れとの命が出たため、ユルはチェギョンを支えながら連れてきます。

シンが「付いていく」と言いますが、チェギョンは「あんたには頼んでいない」とシンを突き放します。
 

皇后様はヘジョン宮に怒りをぶつけます。

皇后様はユルは皇帝に向いていないということを伝え、ヘジョン宮は不機嫌になります。
 

ユルはチェギョンと一緒に宮を出るということをヘジョン宮へ伝えます。

昔のユルに戻るようにヘジョン宮は頼みますが、ユルはヘジョン宮の気持ちには答えられないことを伝えます。
 

陛下はユルと仲良くしていたチェギョンを叱ります。

皇太后様はチェギョンにユルと同じ気持ちなのかを尋ねます。

しかし、チェギョンは泣いてしまいます。

陛下は激怒し、処分を下すことを伝えます。
 

陛下は自分にも同じ経験をしたことをユルに打ち明け、チェギョンのことは忘れ、決められた人と結婚するようユルに伝えます。

しかし、ユルは結婚はできないと陛下の意思に反します。
 

陛下はユルを宮から追い出し、婚姻の話を進めることに決定します。

また、チェギョンにも処分を下すことを決定します。
 

チェギョンはみんなを傷つけ、自分自身を失ったことを考え、宮を出たいという気持ちが強くなります。
 

皇族会では廃妃にし、チェギョンも宮から追放するという話があがります。

それを聞き、陛下や皇太后様は思い悩みます。
 

チェギョンはもとの自分に戻りたいという気持ちとシンのことを好きになれてよかったという気持ち伝え、シンは涙を流します。
 

チェギョンは宮を出るつもりだとユルに伝えます。

ユルは自分と一緒に宮に出てくれると期待します。

しかし、チェギョンは宮を出たらユルと会わないことを伝えます。

また、チェギョンはシンが昔していた星の周期の話をあげ、「2500年後もシンを好きになる」
「2500万年後に会ったとしても知らないふりをしてほしい」とユルに頼みます。
 

チェギョンは廃妃にしてほしいと陛下や皇太后様に頼みます。

加えて、元の自分に戻りたいということを涙を流しながら伝えます。
 

何者かがチェギョンの携帯を使い、ユルの部屋に早く来てほしいというメールをシンに送ります。

それを見たシンは走って駆け付けます。

シンはユルの部屋に着きますが、そこで火事が起きます。

宮~Love in Palace~第22話を見た感想

チェギョンが1人で宮を出るということをユルに伝えた場面では、泣いてしまいました。

シンが昔言っていた星の周期の話をチェギョンが覚えていた部分が、今までの話の中でも最もぐっときました。

前はシンが「2500万年後もチェギョンに会いたい」と言っていましたが、今回はチェギョンが「2500万年後もシンを好きになる」と言っており、チェギョンはまだシンが好きだということを実感しました。

シンもチェギョンもユルにも幸せになってほしいという気持ちがありますが、3人全員が幸せになる道がないのがとても苦しいです。
 

最後にシンが家事に巻き込まれていましたが、チェギョンの携帯を勝手に操作したのが誰なのか気になります。

またヘジョン宮やユルが手を回したのではないかと思います。

火事に巻き込まれたことでシンにどんなことが起こってしまうのか気になります。
 

-宮~Love in Palace~

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.