サイムダン 色の日記

サイムダン 色の日記 第19話のあらすじと感想

更新日:

サイムダン 色の日記 第19話 前回までのあらすじ

高麗紙の問題でギョムは王命で動く。

ミンはナム貴人を王宮に連れてこようとする。

ギョムはミンを罪人として捕らえる。

サイムダンが雲平寺へ向かったことを知ったフィウムダンは追いかける。

ギョムも雲平寺へと向かう。

サイムダンは水月観音図を受け取る。

パルボンはフィウムダンに殺される。

逃げていくサイムダンは崖まで追いつかれてしまう。

スポンサーリンク

サイムダン 色の日記 第19話のあらすじ

フィウムダンに崖まで追い詰められたサイムダン。

フィウムダンになぜこんなことをするのかと聞くと絵を渡せという。

殺してやると言うフィウムダン。

男たちに剣を向けられているとギョムが助けにくる。

男たちを全員倒すとフィウムダンはサイムダンに剣をつきつける。

この女はよくてなぜ自分はだめなのかというフィウムダン。

血だらけの自分を置きざりにしてサイムダンだけを助けたという。

自分がミンの前に髪紐と絵を置いたと言うフィウムダン。

運命を壊してやりたかったという。

足を滑らせ崖から落ちそうになるサイムダンとフィウムダン。

ギョムは手を伸ばしサイムダンの手をつかむとサイムダンはフィウムダンの手を掴み2人を助けるギョム。

サイムダンはこれでも借りはないといい、ギョムと去る。
 

ギョムはサイムダンと都へ向かう。
 

ヨンイジョンは高麗紙に関わっていた使者が斬首されていると王に話す。

責任者を罰するべきだ、この騒ぎはミンのせいだというヨンイジョン。

打ち首にするべきだという。
 

王は、ギョムはどうしているのかと聞くと造紙署に関する件で都を出ていると聞く。
 

ミンの処分を言い渡す王。

すぐに出られると思っていたミンは打ち首になったと聞いて動揺する。
 

ウォンスは働き始める。

中国語でしか話してはいけない部署で、言葉がわからないウォンス。
 

サイムダンの家では散らかり放題になっている。

ウォンスが帰り、酒を飲んで帰ってきたのがわかると、メチャンは酒代をどこからと聞く。

ウォンスの無駄遣いに怒るメチャン。

サイムダンはもう1週間帰らないとみんな心配する。

何度も泣いているのを見たというヒョルリョン。
 

サイムダンとギョムは帰る途中で食事をする。
 

ウォンスはサイムダンが出かける前の置手紙を読み返す。

言葉を不安な方向に解釈してしまうウォンス。
 

王は期日までに紙ができなければセヤンもギョムも法で裁くという。
 

王はナム貴人と会う。
 

工房ではパルボンの孫が何かあったのかもしれないと泣きだす。

心配でたまらないウォンスは工房までサイムダンの行方を聞きに行く。
 

ミンは牢から出され、処刑の場に連れていかれる。
 

王はナム貴人と明の話をし、不正が明らかになったミンを打ち首にすると話す。

ナム貴人は忠臣ばかり揃えても王権は強固にはなれないという。

適度に惑わされてこそ王座が安定するというナム貴人。
 

ミンは打ち首の寸前に王命でとりやめになる。
 

フィウムダンは歩いて帰っているとギョムに斬られたホンが体を引きずり、戻る。
 

ナム貴人はミンを呼び出す。

助けてもらったお礼をいうミン。

これから生き続ける理由を作れというナム貴人。

王様の役に立つことだという。

王様に今必要なのは高麗紙だとナム貴人。
 

ミンは傷をおって戻った手下からギョムがきたと聞く。

高麗紙の秘法が書かれた絵を入手する寸前に現れたと聞く。
 

サイムダンとギョムが一緒に戻ることを聞いたミンは馬に乗り出ていく。

セヤンはミンが馬で走るのを見かける。
 

ネグミジャンは、ミンはギョムの命を狙っていると王に話す。

急を要するので兵をだすこと提案すると、高麗紙のほうが急だという王。
 

サイムダンとギョムは都に向かう山にいるとミンたちがくる。

急いで馬を走らせるが、行き止まりになってしまう。

ミンに牢にいるはずだというギョム。

サイムダンは、狙いは絵だから渡そうという。

戦おうとするギョムにやめてというサイムダン。

剣で戦うギョムとミン。

腕を切られたギョムはサイムダンと山の下まで落ちてしまう。

絵を奪っていくミン。
 

捕盗庁に行ったウォンスは妻が帰ってこないと入口にいる者たちに話していると、家出じゃないかと言われる。

話を聞いていた1人がおごってくれた人だと思い出しウォンスに協力する。
 

ギョムとサイムダンは山の中を歩く。

ミンは見つけたら殺せといい2人を捜す。

洞窟を見つけ、休む2人。

けがを負ったギョムの手当をするサイムダン。
 

ウォンスは山の中を捕盗庁の者たちと捜しまわる。
 

王はナム貴人に言われたことを考えながらセヤンを呼び、兵を動かしギョムを捜す。
 

ミンの手下と鉢合わせをするウォンスと捕盗庁の者たち。

セヤンも兵を率いてやってくるとミンたちは撤収していく。

ウォンスたちの捜す声が聞こえてきたサイムダン。

ギョムはサイムダンの立場を悪くしないため先に行かせる。

サイムダン 色の日記 第19話を見た感想

王様はナム貴人の言葉にのってミンを出してしまいました。

しかも自分のことしか考えないから優先を間違えるし・・・。

でも最終的にはギョムを捜すことにしてくれたのはよかったです。

フィウムダンは昔のことで相当恨んでいたようです。

でもここまで王族に対して手を出してきた夫婦はもうおしまいでしょう。

ミンをだした王様は判断違いでしたね。

ウォンスが20年以上無職だったと話してみんな口をそろえて家出だといっているとこはおおもしろかったです。

絵は奪われたけれど秘法は買いておいたからまだのぞみはあります。

ギョムの男らしい対応が素敵です。
 

-サイムダン 色の日記

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.