サイムダン 色の日記

サイムダン 色の日記 第13話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

ジユンたちは半分焼けてしまっている真作の金剛山図を見つける。

ミン教授に追い回されるジユンたちはクラブの中にまで入ってこられる。

500年前

ギョムは雲平寺であったことをくわしく調べを進める。

フィウムダンの企みで、サイムダンは5日で五千枚の紙の注文を受ける。

貧しい流民たちを見たサイムダンは紙作りの手伝いを頼む。

スポンサーリンク

サイムダン 色の日記 第13話のあらすじ

ジユンは館長と話をして、真作の証拠を見せ、手を組もうと持ちかける。

館長は真作展示を要求するジユンに目的はほかにあるのではないかという。

Rテックを潰したさいのソンジングループの裏帳簿がほしいというジユン。

夫の会社と投資者もRテック事件の被害者だと話す。

館長はいずれ離婚するつもりでいるからこの話にはのるでしょうとジユン。

ソンジングループが潰れたらギャラリーも危うくなるという館長。

ジユンは最後のチャンスだといい、考えるという館長。
 

秘書は館長とジユンの様子を見てメールでミン教授に報告する。
 

バイトをしているとミン教授からの連絡がきて会いにいくジユン。

どのくらい大学にいたかをジユンに聞くミン教授。

助手で3年、修士と博士で7年、計10年こき使われたあげくに捨てられたというジユン。

ミン教授は生涯学習センターにポストを用意するというとこの会話は録音が必要なほど重要なのかと聞くジユン。

録音を止めたミン教授は館長に会った目的を聞く。

金剛山図を疑うように仕向けたのかというと館長に聞いてほしいとジユン。
 

500年前。

紙作りを流民たちに指導していくサイムダン。

流民たちに食事をさせる。

ギョムはイ・フと紙屋の店主の話を聞く。

ミンが重ねてきた不正の証拠を渡せると話す。

造紙署への専売を通して巨利を得る一方で官史を抱き込み、貢納金をまけさせた官史に金を握らせた記録が10年分あるという。

ミンがヨンイジョンの後押しで20年も栄華をきわめているのには、ヨンイジョンの息子が関係しているという。
 

店主は帰りにミンに待ち伏せされ、責められ、その後姿を消す。
 

ギョムはミンと雲平寺のことを調べる。
 

ミンはヨンイジョンの息子がいるところへ行くと、女の子が殺されている。

ミンは自殺として処理するように部屋の者を脅す。
 

ヨンイジョンはミンに権力をあたえすぎたと後悔する。
 

急な病気で官史が一人やめることになり、王は後任を探させる。

ヨンイジョンはミンを推薦してくるが王はもう少し考えようという。
 

ミンに後任推薦について伝えるチャンイジョン。

ミンはチャンイジョンに賄賂を渡し、これからも頼むという。
 

ギョムは紙店の店主が消えたことを知る。
 

ミンに呼び出されたヨンイジョンは息子がいて驚く。

何かしたのかと聞くと雲平寺の娘に見えたから殺したという息子。

ミンは密かに始末したといい、今後も明の使者とのことはすべて自分に任せてほしいという。
 

サイムダンたちは紙作りを順調に仕上げていく。
 

ギョムとイ・フは遠くから見て流民を使うのはすごいという。
 

出来上がった紙を運びだすサイムダンと流民たち。

紙を納品に来ると新しい店主は知らないといい、追い返されてしまう。

5千枚を5日で作ったと説明をするが出ていくように言われる。

手ぶらでは帰れないとサイムダンは道で紙を売り始める。
 

フィウムダンは売る様子を見て明の使者が来るまでに蹴散らせと指示する。
 

ギョムとイ・フはサイムダンたちの様子を見ていると、男たちがきてサイムダンたちの邪魔をする。

ギョムがすぐに助けに入り、王族の印を見せつけると男たちはいなくなる。

隠れてみているフィウムダンは悔しがる。

ウォンスが通りかかり、サイムダンに気が付き、連れていく。
 

明の使者がきて、ミンの納めている紙は質が落ちたと言われる。

フィウムダンは別の色紙をだし、貴重さを話して難を逃れる。

ミンはフィウムダンのおかげで面目は保てたという。
 

ミンはフィウムダンに箱を渡す。

開けてみると店主の切られた指が入っているのに驚くフィウムダン。

ギョムに裏帳簿を売ろうとしていた店主のものだというミン。

不手際だと言われるフィウムダン。
 

ギョムは比翼堂でサイムダンたちが作った色紙にいろいろなものを描く。
 

サイムダンは流民たちのところへ行こうとすると倒れてしまう。
 

比翼堂でたくさんの色紙に書いて作品が飾られる。
 

サイムダンはウォンスに山を下りたわけを聞き、山に戻るようにいう。

工房まで行くというサイムダン。

心配になったウォンスはあとをつけていく。
 

流民たちに騙されてしまったと話をするサイムダン。

怒りだす流民たち。

比翼堂にいた芸術家らが紙を買い求めにやってくる。

喜ぶサイムダンと流民たち。
 

売れたお金を一人一人に渡し、信用を取り戻したサイムダン。
 

ギョムはコッチョンに会い、報告を受ける。

首に傷がある男を見た者がいたが放浪している流民ものだという。
 

サイムダンが一人でいるところに流民の大将がきて、なぜ戻ってきたのかを聞く。

流民には返すべき借りがあるというサイムダン。

大将に雲平寺であった話をする。

首に傷がある男パルボンはサイムダンの話を隠れて聞き、涙する。
 

当時、パルボンは雲平寺の紙の技法をミンに教え、金を受け取っていた。
 

亡くなった流民に祈るサイムダン。

サイムダン 色の日記 第13話を見た感想

店主が殺されてから5千枚もの作った紙のことを知らないとかはないですね。

フィウムダンの企みがあまりうまくいかないのが気持ちいいです。

ギョムも紙作りがんばりましたが、流民たちがきたので安心したことでしょう。

ミンは指を箱に入れるとは・・・残酷すぎますね。

フィウムダンもミンには逆らえない身ですが、夫婦で悪巧みがすぎます。

首に傷のある男は、技法を教えてしまった男でした。

反省はしているようですが、誰が悪いのかといえばやはりミンでしょう。

ジユンは館長に話を持ちかけても秘書がみんなミンに報告しているようで行動がばればれになっています。

館長は話にのってくれるのかどうか?
 

-サイムダン 色の日記

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.