華麗なる誘惑

華麗なる誘惑 第21話のあらすじと感想

更新日:

華麗なる誘惑 第21話 前回までのあらすじ

ウンスはイルジュの仕業だと知り、動き始める。

イルジュは文書を必死に探す。

ウンスはソクヒョンの秘書の仕事をしたいと申し出る。

イルランは文書の入っている鞄を知らずにウンスに渡す。

ウンスはヒョンウに別れを告げるがヒョンウは受け入れない。

イルジュはウンスの留守の間に家に入り、文書を探す。

ウンスは指輪の入った封筒をイルジュに渡す。

後援会のパーティーに出るウンスは注目される。

スポンサーリンク

華麗なる誘惑 第21話のあらすじ

ウンスはソクヒョンの腕を組み、不慣れな場所なので頼りにしているという。

ヒョンウはウンスを気にかけている。

ウンスは前に出てマイクでイルジュの紹介をする。

前にきたイルジュに他にもいいたいことがあるとささやくウンス。
 

ウンスはイルランからもらった文書の入っているバッグを持ってきている。

メイク室にいるとイルジュが入ってきてなぜ祭壇に上がったのと聞く。

親友だったしいいでしょうというウンス。

他にもいいたいこととはと聞くとそのうち話すという。

ミレにも輝いてほしかったというウンス。
 

ウンスは会場に戻ると、担当検事だった男に会い、詐欺師扱いされる。
 

軽くあしらって場所を変えるとクォン検事が話しかけてくる。

担当だった検事が追いかけて来てクォン検事にウンスを詐欺師の女だという。

金持を誘惑しに来たのかと言われ、ヒョンウがきて検事を殴る。

ウンスを連れ出すヒョンウ。

ソクヒョンは検事の顔を叩き、私の秘書だ、無礼は許さないという。
 

ヒョンウはウンスになぜここにきているというと別れたし構わないでという。

ソクヒョンもきてウンスに大丈夫か声をかける。

ウンスはもう行くといい、ソクヒョンに彼とは縁を切りたいという。
 

検事に絡ませていたクォン会長は帰りの車の中でソクヒョンは久しぶりに恋をして若返ったという。
 

ウンスはソクヒョンに車で病院まで送ってもらう。

ソクヒョンはヒョンウと別れる必要があるのかと聞く。

もうヒョンウには関わりたくないというウンス。

そばにいても幸せになれないという。
 

ヒョンウは2人で話している様子を病院の前で見ている。
 

ソクヒョンになぜウンスにかまうのかわかったというヒョンウ。

ウンスは俺のものだといい、この次は黙っていないとソクヒョンに警告するヒョンウ。
 

イルジュはどうしてウンスを同伴させたのかと聞くと秘書だからというソクヒョン。

いつから秘書と腕を組むようになったのと聞く。
 

イルジュはムヒョクに文書を探してきてくれたら信じるという。
 

ボムスは帰宅すると男たちが部屋を荒らしているのに遭遇する。

男たちは逃げ、ボムスはケガをさせられる。
 

ミレの病室に来てボムスは手当を受ける。
 

ウンスはもうイルジュを許さないと心で思う。

携帯を新しくするウンス。
 

ヒョンウにウンスにあげたオルゴールが送り返されてくる。
 

ウンスは出勤すると待っているヒョンウを無視してソクヒョンの方へ行く。

ソクヒョンに避けられるウンス。
 

急ぎの用はコ室長から伝えると言われる。
 

ウンスはソクヒョンに電話番号が変わったといい、渡そうとすると必要ないと言われる。

数日間避けられているのでもしかして私は過ちを犯したのかと聞くウンス。
 

ウンスが酒を飲んで酔った様子にソクヒョンは声をかける。

つらいといい、1人で帰ると言って立ち上がるとよろけるのを支えるソクヒョン。

ソクヒョンに抱き着き、支えが必要だというウンス。

ヒョンウが入ってきて、ソクヒョンは酔っているようだから送ってやれという。
 

外に出るとウンスは正気に戻り、酔っていないという。

ヒョンウはまさか誘惑する気かというとそうだというウンス。

大事な娘が目を覚まさない、ミレの生命線を握っているのもソクヒョンだという。

私の言うことに口を出さないでほしいというウンス。

ミレの母親としてソクヒョンが必要だという。
 

ムヒョクは、文書はウンスの家になかったと報告を受ける。

クォン会長が来て文書の読み方をムヒョクに教える。

早く文書を見つけるように言われるムヒョク。
 

ミレの容体が急変し、ソクヒョンも聞くとウンスとかけつける。
 

ソクヒョンが泣いているウンスを抱きしめるのをコ室長は見る。

ミレの容体は安定するが医師は回復の見込みはないという。
 

朝食の時間、ソクヒョンもウンスもいない席でコ室長はウンスがソクヒョンを誘惑しているようだとみんなの前で話す。
 

イルドはウンスが来ると、誘惑しているのかと聞く。

ヒョンウがきて誤解だという。

ウンスをアバズレといったイルドを殴るヒョンウ。

イルドは謝る。

ソクヒョンがきて、イルジュはウンスに誘惑されたのかと聞く。

何を言っているのだと否定するソクヒョン。
 

ウンスは本棚にいるとイルジュがきて本当に変なことは考えていないのかと聞く。

救急車の中でミレが話してくれたことがあるというウンス。

黄色いムクゲを隠したと言っていたと話すとイルジュはどこに?と聞く。

家に置いておかないでよかったといい、ミレが目を覚ましたら見せるというウンス。

家に泥棒が入って、弟にも暴行を働いたけど何も盗んでいかなかったという。

ヨンエから電話がきて、イルジュ夫妻とイルド夫妻が集まる。

ウンスのことで2度も息子を奪われかけたから見くびってはいけないというヨンエ。

ウンスとソクヒョンが結婚すれば相続人となるというムヒョク。
 

ウンスはミレの病室にいるとみんなが入ってくる。

ミレにかかる多額の金額を言ってくるイルド。

イルドはミレの管を全部外せという。

止めるウンスを殴るイルド。

イルジュが入ってきて、3年は乗り切れる金額だと金を置いていく。

家から出て行ってというイルジュ。

イルジュの望みはこれだったのかというウンス。
 

ウンスとカンジャが話していると病室の前で話を聞くソクヒョン。

お金のために総理に何かしたのかとカンジャに聞かれるウンス。

なぜカン家の家族がここにきたのというカンジャ。
 

ウンスは病院内で座っているとソクヒョンがきて家族が来たのかと聞く。

殴られたのかというと自業自得というウンス。

ソクヒョンという木に甘えた私が悪かったという。

辛くて頼りたかったというウンス。
 

ヒョンウは車から降りた2人が話すところを見ている。

ウンスは秘書を今日で辞めるといい、借金をしてでも自分の手で看病するという。

ソクヒョンはこれからも君の木でいる、つらい思いはさせないという。

ウンスも娘も守れるような大きな木になるという。

私と家族になれば誰にも粗末に扱われないといい結婚しようというソクヒョン。

聞いていたヒョンウはソクヒョンを怒鳴りつける。

華麗なる誘惑 第21話を見た感想

ウンスはソクヒョンに冷たくされることはやはりつらいのでしょう。

本心はヒョンウが好きだけどソクヒョンへの思いは明白ではないです。

父親のように感じているのかと思いますがまさか結婚とは。

せめて養女になるならわかります。

ソクヒョンのほうはウンスのことは女として好きなように見えますね。

助けてあげたくなってしまうタイプかもしれないです。

ヒョンウは本当にかわいそうでしょうがないです。

2人で協力すればいいのなぜ振ってしまうのかわからないです。

ミレはもう助かる見込みがないそうなのでかわいそうです。

なかなかバッグの中の文書に気づかないので早くと思ってしまいます。

次回こそ気づいてほしいです。
 

-華麗なる誘惑

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.