果てしない愛

果てしない愛 第2話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

イネの幼少時代に母親が何者かに殺害される。

ある日、高校生に成長したイネとグァンチョルたちは放火犯を逃がす手伝いをしてしまう。
船を動かし、犯人たちを逃がしたことで大ごとになってしまう。

グァンフンとグァンチョルの父親がヨンテたちに拉致され放火犯事件のことで自白の拷問を受ける。

1人で船に残った父親は翌日水死体で発見されてしまう。

スポンサーリンク

果てしない愛 第2話のあらすじ

ガプスが水死し、通夜でグァンフンは警察署長から将来を考えるのなら賢明な対処をと言われる。

イネは署長を追いかけ自殺でないことを訴えるが聞いてもらえない。

すぐにグァンフンのところに行き、何を署長に言われたのかを問う。
ガプスは自殺だから葬儀と火葬をするように言われたと叔母から聞く。

イネは証拠を隠すためだから葬儀も火葬もしないようにグァンフンに頼むが黙っている。
 

署長はヨンテに電話で放火もガプスの死も野党のせいにしろという。

ヨンテは警察にグァンフンと取引をするよう指示する。
 

グァンチョルは警察にみんなで自首しにいったがいためつけられ通夜に来る。

グァンフンに自分のしたことの気持ちをぶつけるグァンチョル。
自分が父を殺したと父の遺影の前で謝るグァンチョル。

そこでグァンフンに電話がきて神父がソウルに行く途中で事故にあったと連絡を受ける。
 

グァンフンは父の死と神父の事故をグァンチョルに問い詰める。
みんな生き残りたいなら何もせず死んだように暮らせというグァンフン。

車の中に呼び出されたグァンフンは資料と写真を見せられる。

葬儀と火葬を素直にしないと弟たちに災いがおきるという。
父をなぜ殺したかを聞くと、ガプスの昔の罪を公表すると脅される。

イネは嘆願書を出しに行こうとしたとき車から降りてくるグァンフンを見ていた。
 

通夜に戻るグァンフン。
イネも戻ってきて誰と会っていたかを聞く。

グァンフンは明日葬儀する、自分に従うようにみんなに話す。
抵抗するイネとグァンチョル。

グァンチョルに従わなければ兄弟の縁を切ると言うグァンフン。

グァンチョルは例え自分が死んでも父の死の真相は明かすといい出ていく。
イネも一緒に責任をとるとグァンチョルと通夜会場を出る。
 

嘆願書を持って検察に入ろうとするイネ。
警備員たちに中に入ろうとするところを静止されてしまう。

検事がきて必死に訴えるイネ。
 

警察では署長はヨンテに電話で怒鳴りつけられる。
きれいに片づけるようにと。
 

イネは家に帰ると部屋が荒らされていた。
グァンチョルが逮捕されてしまったが家から出さない条件で釈放になると聞く。

すぐ外に出るとパトカーがきて傷だらけのグァンチョルが車から放り出される。
イネは激怒し叫ぶとパトカーで連れていかれてしまう。

バイクで追うグァンチョル。
 

パトカーの中で騒ぎ暴れるイネ。

グァンチョルはバイクでパトカーに追いついたが後ろからヨンテの手下の車がきてバイクに追突してくる。
バイクから落ちたときに手下の車のボンネットに乗るグァンチョル。

バイクはパトカーとぶつかり破損し停車する。
手下の車は蛇行しグァンチョルは道路に振り落とされる。

停車したパトカーからイネが走ってグァンチョルに駆け寄ろうとすると手下の車がイネの後ろから来る。
グァンチョルはイネをかばい自分がひかれてしまい海に落ちてしまう。
 

グァンフンは祖母たちとガプスの葬儀をして遺灰を海にまく。
後ろからヨンテの手下たちが監視をしている。

遺灰をまいている途中で後ろから男たちに連れていかれるグァンフン。
祖母に入隊しろと上からの命令だと伝える。
 

イネは刑務所に入れられる。
自殺しようとして舌をかんだりしたので自殺しないように見張られる。
 

ヨンテは電話でグァンフンを地獄の訓練所に送り殺そうとしていた。
 

グァンフンは訓練で仲間とともに殴られ、いたぶられながら耐える。
教官は生きて帰れると思うなとつぶやく。

教官はグァンフンに怒りをおぼえ、殺そうと考える。
 

雨の中服を脱がされ、袋叩きにされるグァンフン。
そこに司令官が乗って車が戻ってくるのを見てグァンフンは車の前に立つ。

グァンフンは今まで訓練で死んでいったものや精神疾患などで苦しむ仲間のための陳情書を司令官に渡す。

司令官に命をかけると話す。

司令官は教官に殺されるか、教官を殺すか、自分の頭をうつかと1発だけ弾の入った銃を渡す。
 

グァンフンは教官の所へ行き、銃をつきつける。
教官は今までの仕打ちは上からの命令だったと話し助けてほしいという。
 

司令官のところへ戻るグァンフン。

終わったのかと聞かれ答える。
感謝しますと銃を返す。

銃を撃たなかったグァンフンは軍事物質監査報告書の本物を渡す。

偽物はすでに教官が作り司令官のところにあった。
司令官は覚えのないサインを見る。

翌日特別監査が入ったという司令官。
グァンフンのおかげで救われたといい望みを聞かれる。
 

刑務所ではグァンフンがイネに面会にくる。
2人は泣きながら抱き合う。

果てしない愛 第2話を見た感想

イネは刑務所に入っちゃいました。
でも未成年のはずだからそんなに長くはないのではと思います。

グァンチョルは海に落ちてしまいました。
でも海に落ちた場合のドラマ上だいたい生きてることが多いのでまた後からでてくるでしょう。

普通なら生きてませんね。

ヨンテはほんとに残酷なのでグァンチョルが生きてたらまた何をしてくるかわかりません。
なんといってもヨンテ役の方は悪役が多いですが似合ってます。

グァンフンはさすがに頭がいい!

司令官を味方につけておけばなんとかなりそうだし、イネに面会に来たのも感動ではあるけれどグァンチョルのほうが愛情深いような気がしてしまいました。
 

-果てしない愛

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.