サイムダン 色の日記

サイムダン 色の日記 第24話のあらすじと感想

更新日:

サイムダン 色の日記 第24話 前回までのあらすじ

世子はギョムと共に行動をする。

フィウムダンは王女のお付きを全員殺し、助けたと見せかけ、王宮に送る。

ナム貴人は王に助言をささやく。

助言により世子からギョムを遠ざけようと企む王。

サイムダンがいない間に絵を持ち出し、売るウォンスとクォン氏。

ウォンスの自分といると窮屈だったという本音をいろいろと聞いたサイムダンは子どもたちを傷つけないようにいう。

売られたサイムダンの絵を買い戻し、ギョムはサイムダンの工房へ戻す。

王女を連れてきたフィウムダンに王は自分から褒美にミンの罪を放免する。

スポンサーリンク

サイムダン 色の日記 第24話のあらすじ

ミンは家に戻り、子どもたち2人とフィウムダンと暮らす。
 

ギョムはフィウムダンが王女を助け、ミンが戻るというのは妙で、王女の騒動には裏があると考える。

コッチョンにフィウムダンとミンのことを探らせる。
 

サイムダンの紙所に入っていく王女とフィウムダン。

お供できなかったことを改めて詫びるサイムダン。

王女はおかげでいい師匠と出会ったといい、よかったというサイムダン。

2人が目を合わせるのを見て知り合いかと聞く王女。

昔から深い縁がある人だというフィウムダン。

絵を参考にしたいといい、絵を持っていくという王女。
 

クォン氏の家では弟が絵を売ったお金を使ってしまったことを責める。

ウォンスはお腹の子に悪いと止める。

絵はまた描いてもらえばいいというウォンス。
 

ヨンイジョンの誕生日で集まる官史たちの中にミンが入るとヨンイジョンは、罪人は入れるなと追い出す。
 

倭寇の男が2人フィウムダンのところを訪ねる。

ミンが帰ってくると将軍の話を聞く。

倭寇の男は突然連絡が途絶え困惑したといい、王の娘を連れて都に斡旋したなと言われるフィウムダン。

倭寇の目や耳は朝鮮各地に潜むという将軍。

何か望みがあるのかと聞くフィウムダンに図画署で制作中の朝鮮兵船の図本がほしいという将軍。

兵船の図本を渡せば生涯裕福だというと、ミンは時期にいい知らせを届けるという。
 

コッチョンは将軍たちが出ていくところを見ていた。
 

フィウムダンは考え直してほしいとミンを説得する。

ミンは、道はほかにはないといい、今度偉そうな口を聞いたらただじゃすまないという。
 

ウォンスは仕事でミスばかりして、役立たず扱いを受けている。

ウォンスが怒られている様子をみたサイムダン。
 

サイムダンはクォン氏のところへウォンスの私物を届ける。

クォン氏はおかげで絵を描く時間ができたのではというと何をいっても通じないとサイムダンはあとで呼んでとクォン氏に手紙を置いていく。
 

現在。

ジユンは義母を実家に連れて行き、4人で食事をする。
 

ウンスは出かけようとジユンを迎えに行き、父に充てた手紙を川に流すウンス。
 

ジユンはネットで調べていると、ウンスが手伝ってもらったという絵がのっているのを見つける。
 

サンヒョンとヘジンは日記を持って調べてもらいに行く。

興味深く、預かると言われる。
 

ミン教授は学長となる。

サンヒョンとヘジョンが預けている日記のことでしつこい連中だと電話でいうミン学長。
 

学長として挨拶をしている間、ラドからの郵便が机の上におかれる。

ジユンは論文について抗議に行くと盗用扱いにされてしまう。
 

サンヒョンは学長におめでとうと大声でいう。

耳元で金剛山図を燃やしておいて、安眠できますかと聞くサンヒョン。

サンヒョンに電話がきて論文管理室からでジユンと同じく盗用扱いされる。

ジユンとサンヒョンはここまでされる理由をつきとめるという。
 

ミン学長は机の上の封筒をあけると、転落の準備はOK?と書いてある。
 

知るべきだといい、館長に封筒を見せるミン学長。
 

ヘジョンは博物館をミン学長により免職にされてしまう。
 

ジユンはラドからのメッセージのなぞを考えているとウンスがミサンガをプレゼントしてもらい元気がでると喜ぶ。
 

500年前。

鉄砲を練習するギョムと世子のところに王がきて政を放り出して遊んでいるのかと聞く。
 

ギョムはコッチョンからの情報で王の輿担ぎは全員死んだと聞く。

ミンの家から怪しい2人が来ていたという。
 

絵を描きながら子どもたちと話すサイムダン。

メチャンと桜を見に行く。

メチャンは絵がうまくなる方法をサイムダンに聞く。

ウォンスを恨まないのかと聞くメチャン。

サイムダンは自分にも落ち度があって、寂しい思いをさせてしまったといい、大人の問題だからと話す。

父が憎いというメチャン。

サイムダンとメチャンが夕飯の買い物をしていると、ミンが現れる。

ミンはサイムダンに近寄るとギョムがきてまた流罪にされたいかという。

にらみ合う2人にホンはミンを止めて帰っていく。

ギョムは2人を送りながら、メチャンは昔の母のことをギョムに聞く。
 

フィウムダンはミンの帰りを待つとギョムとサイムダンと会い、にらみ合いになったとホンから聞く。
 

フィウムダンはミンに立場を考えて慎重にならないといけないと話すとミンは怒りだし、フィウムダンの首を絞める。

息子がきて止めると、フィウムダンは勉強しなさいという。
 

寝込んでいる王を見舞う世子とギョムは心を傷める。

世子はギョムに御真影(王の似顔絵)を描き、王を慰めたいという。

図画署を任せるという世子。

ギョムは新たに画員を募集すると、募集の張り紙がされる。
 

女は志願できないといわれる。

メチャンは張り紙を見て男装そして志願するとメチャンの絵が1番で選ばれる。

サイムダン 色の日記 第24話を見た感想

メチャンは男装して受けてしまうけれど大丈夫なのでしょうか。

フィウムダンの様子は今だけかもしれないけれど控えめになってきたような気がします。

ミンを止めても殺されそうになってしまうし手が付けられない旦那です。

ミンは今後も心を入れ替えるようなことはなさそうですね。

ギョムはいつでも先をみて先手を打っているとこはさすが素晴らしいです。

メチャンはやはり女なので父のことを知って許せないようですが、子どもができたと知ったら、腹違いの兄弟ということになるし、またショックでしょうね。

クォン氏はただの金がほしくて贅沢をしたいだけの欲だらけの人なようです。

ウォンスは本当にやっていくつもりなのでしょうか。
 

-サイムダン 色の日記

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.