サイムダン 色の日記

サイムダン 色の日記 第26話のあらすじと感想

更新日:

サイムダン 色の日記 第26話 前回までのあらすじ

メチャンは女だとばれて追い出されてしまう。

メチャンのことでギョムは宮中外での絵師の募集をする。

現在。

ジユンはミン学長と戦う決意をしてソウルへ戻る。

ラドからのメールでラドの組織の男と会うジユン。

500年前。

サイムダンは志願者の中から選ばれ、王の似顔絵を描く絵師となる。

王はサイムダンと2人で話をする。

スポンサーリンク

サイムダン 色の日記 第26話のあらすじ

王の似顔絵を描くサイムダン。
 

フィウムダンは図画署に入ると部外者はだめだと止められる。

王女に資料を頼まれたといい中に入り、兵船の図本を探すが見つからない。
 

図画署から出てくるフィウムダンを見たギョムは王女の資料探しでの出入りだと聞く。
 

ウォンスはサイムダンに食事を持っていこうとクォン氏の目を盗んで用意する。
 

サイムダンは絵を描き続けていると、ギョムが来て休むようにと食事を持ってくる。

ウォンスが中に届けようとすると、ギョムとサイムダンが食事をしている様子を見て中に入れず帰っていく。
 

世子はヨンイジョンたちの座り込みが始まったと聞く。
 

絵を描いているサイムダンに話をする王。

王は外で起こっていることを恐れないのかと聞く。

すべてを運命だと思い、受け入れていると答えるサイムダン。

その勇ましさはどこからくるのかと王に、母の心、娘のためだというサイムダン。

ギョムが入ってくる。

王はサイムダンに質問する。

朝鮮で最も正してほしいことは何かと聞と夢を抱ける国を作ってほしいというサイムダン。
 

ミンはフィウムダンに兵船の図本の入手はまだかと聞く。

警備が厳しいと答えるとミンは怒り、誰かを抱き込むとか金を使うとかしろという。

ミンはギョムを殺せばいいという。

それはだめだというフィウムダン。
 

倭寇と会い、図画署に朝廷の目が集中しているというミン。

図本は必ず持ってくるという。

図本を手に入れるにはギョムを始末しなければというと悩まず殺せといい、刺客を貸すという倭寇の男。
 

王は村人に襲撃される夢を見る。

王は外に出かけるといい、サイムダンの紙所を見に行く。

噂話に耳を傾け、王がやらないことをサイムダンはしていると聞いてしまう。

王よりもサイムダンのほうが立派だと話している。

突然王の前にミンが現れる。
 

王は王宮に帰り、世子に任せていた政は自分が行うといい、世子に謹慎を命じる。

ギョムにはサイムダンと2人で似顔絵を仕上げるようにいう。

かつて婚姻だった2人は息があうといい2人で描けという王。
 

ギョムはサイムダンと絵に色をつけていく。

王は目の前で見ていてうれしいか?と聞き、絵を描いている2人が会う最後の時かもしれぬという。

王は、サイムダンは紙所では尊敬されているようだという。

サイムダンは最善をつくしているだけですと答える。

紙所ではサイムダンが王といえるというと否定するサイムダン。

ギョムは憶測でなぜそのようなことをというと怒りだし、疲れたと席を離れる。

ギョムは雲行きが怪しいといい、最悪の状況もありえるというと覚悟しているというサイムダン。

サイムダンはギョムと共に絵が描けて感謝しているといい、申し訳ないと話す。
 

フィウムダンはまた図画署に行くと夜は入れないと言われる。

忘れ物をしたというともう一人の図画員は入れという。

一人残っていた図画員は体調を崩して席を外すとフィウムダンは図本を探し出す。
 

フィウムダンはギョムとサイムダンが2人で絵を描いている様子を覗いてみる。

ギョムへの思いが忘れられずにいるフィウムダン。
 

民に絵をお披露目するという王。

一気に二人を追い込み、二度と動きまわれないようにするという。

死に値する絵だと民に言わせればよいのではというヨンイジョンたちは嬉しそうにする。
 

サイムダンとギョムはお披露目が済むまでは待機しろと部屋に入れられる。
 

絵がお披露目される。
 

ギョムはお披露目される前日に比翼堂で仲間を集め、儒学者たちの動きが怪しいといい絵を口実に攻撃に出るという。

1人では非力だから多く集まれば鉄にもなれるといい、信じようというギョム。
 

王の絵を見た比翼堂の一人が、絵が生きているといいみんなで騒ぐ。

万歳をし、お辞儀をして、王の絵の完成を祝う民たち。

世子は民が味方になったと喜ぶ。

王は不機嫌な顔でその場を去る。
 

サイムダンとギョムは帰っていいと言われる。
 

フィウムダンは図本を手に入れるがミンに言わずに隠す。

ホンがきてジギョンが学堂をずっと休んでいると聞くフィウムダン。

どこにいっているのかと聞く。
 

紙所ではサイムダンは歓迎され、みんなで祝う。

ジギョンも楽しく話をしている中、フィウムダンはジギョンを連れていく。

ジギョンは友達だから祝っていると話す。

家族一緒に食事をするのが夢だと話すジギョンは1人で帰っていく。

サイムダンはフィウムダンに気が付いて声をかける。

子どもたちが仲良くしているのをみてほほえましかったと話すサイムダン。

フィウムダンの手を握り、子どもたちのことだけを考えようという。

フィウムダンは涙を流し、サイムダンはほほえみかける。
 

王はミンに会ったときにサイムダンとギョムを殺せと命令する。
 

1人で歩くサイムダンは男たちに囲まれ、連れていかれる。
 

ミンはフィウムダンにギョムを誘き出すため、投げ入れろとメモを渡す。

ミンは倭寇と殺しに行くというのを止めるフィウムダン。

部屋で図本を見つけたミンは隠していたことに怒り、フィウムダンを殴る。
 

サイムダンが縛られて連れていかれた場所にミンが現れる。

剣を向け、サイムダンを脅す。

サイムダン 色の日記 第26話を見た感想

無事に絵は完成しましたが、ギョムの先手によって命は助かりました。

王はまるで洗脳されたように恐ろしくなりました。

フィウムダンにも天使のような心で接するサイムダンには感動します。

あれだけのことをされたのになぜ許せるのかと思ってしまいました。

フィウムダンも少しは心が動いていればいいなと期待しています。

でもサイムダンが捕まってしまったので、ギョムが助けてくれるのかどうか。

王の命令で殺されそうになるなんて、ただの僻みからきているような気もしますがひどすぎます。

あっさり殺されることはないはずなのでどうなるのかがものすごく気になります。
 

-サイムダン 色の日記

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.