宮~Love in Palace~

宮~Love in Palace~9話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

実家から皇室に帰り、里帰り中にシンの背中を触ろうとした理由を聞かれます。

シンは皇后様に気が緩んだのかと怒られます。

昔から皇后様に厳しく指導されてきたことを思い出し落ち込むシンにチェギョンはモノマネで元気づけます。

ヒョリンは乗馬クラブにチェギョンを誘い、皇太子と良い友人であり続けようと行動を始めます。

シンとヒョリンが話している様子を見て、チェギョンは複雑な気持ちになります。
シンはチェギョンの方を振り向くことはないとユルに言われます。
 

シンとユルは撃玉で落馬してしまいますが、チェギョンはユルにかけよります。

公務でタイに出発するときに、そのことをシンに謝りますが、無視されてしまいます。

スポンサーリンク

宮~Love in Palace~9話のあらすじ

シンが公務に怒って行ってしまったことにチェギョンは気にします。

シンを心配し連絡をしますが、公務が忙しくシンと話せず、シンからかけ直しの電話も来ないことにチェギョンは落ち込みます。
 

ユルは夢に宮廷を離れなければいけなくなった子どもの頃がでてきてうなされます。

ユルはチェギョンが好きだとヘジョン宮に伝えます。

ヘジョン宮から批判されますが、今まで母のことを考えて生きてきたが、今の自分の気持ちが分からなくなってしまったと伝えます。
 

チェギョンは勝手に車を動かして事故を起こしてしまい、皇后様に怒られます。

皇太后様がチェギョンの部屋に来て、チェギョンは車について謝りますが、チェギョンの体に何もなくてよかったと皇太后様は励ましてくれます。

また、タイへ出発の日にシンが皇太后さまにイギリスの王子の公務はチェギョンにさせてほしいと頼んだと教えてくれます。

チェギョンはシンが自分のことを考えてくれていることを知ります。
 

チェギョンは他の学生に自分の悪口を言われていることを知り、落ち込みます。

また、まだ電話に出てくれないシンに落ち込み、ユルに宮以外の所に連れて行ってほしいと頼みます。
 

ヒョリンはシンの公務の日程を知り、シンに会いに行きます。公務を抜けてシンはヒョリンに会いに行きます。

ヒョリンは空港まで送ってくれるまで動かないと我儘を言います。そんなヒョリンにシンは手を引っ張って連れていきます。

空港に向かう間にパパラッチに見つかりますが、まくことができ2人でデートを楽しみます。

空港で別れる前に、ヒョリンはシンにキスをします。
 

チェギョンはユルと車で植物園に行き、ユルが作った弁当を食べます。

つらいのはシンのせいかをユルはチェギョンに尋ね、「僕ならこんな風に君をひとりにしない」と言います。

チェギョンは連れてきてくれたユルに感謝を伝えます。

しかし、チェギョンはシンが好きになったとユルに言い、そんなチェギョンにユルは複雑な気持ちになります。
 

一方で、宮ではチェギョンがいなくなったことで騒ぎが起きます。

宮~Love in Palace~9話を見た感想

皇太后様がチェギョンと話すシーンでは、「古い車だったから、気持ちよく処分ができた」と皇太后様が言ってくれ、皇太后様の暖かさをいつも以上に感じました。

また、その場面ではシンが本当はチェギョンのことを考えてくれていることが分かり、とても素敵でした。
 

チェギョンの電話には出ず、折り返しもしないのに、ヒョリンのメールには返信するシンに少しイライラしますね。

公務を抜けてヒョリンに会う時間があるならチェギョンに連絡してほしいです。

しかし、お互いに微笑む2人を見ると、シンはやはりヒョリンが好きなのだと感じました。
 

シンは明るく楽しそうな一方で、チェギョンは切ない落ち込んだ表情で見ているこっちが辛いですね。
また、シンのことが好きになったと伝えられたユルがとてもかわいそうでしょうがないです。

チェギョンが好きなのになんでも話せる友人として接していることが分かり、複雑な顔をしていましたね。

両想いにならない部分がとても切ないです。
 

-宮~Love in Palace~

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.