果てしない愛

果てしない愛 第24話のあらすじと感想

更新日:

前回までのあらすじ

グァンフンはイネに最後のつもりで復讐をやめて夢をかなえるようにいう。

ヨンテはグァンチョルに写真を渡し、ソン会長と野党代表のつながりを伝える。

イネの記事が大きく新聞にのる。

総理の妻はヨンテとの電話で神父について疑惑が深まる。

総理は電話の会話を聞きイネのことを考える。

グァンチョルはソン会長のことを密かに探る。

1人で教会の前に来る総理。

スポンサーリンク

果てしない愛 第24話のあらすじ

救急車で運ばれるイネ。

イネは手術室へ入る。

テギョンも病院にかけつける。

イネは命を取り留めたが、子どもも危ないという。

早く生まれ、女の子で保育器に入っているという。
 

総理は教会で告白をする。

女の子が生まれたが娘の母親は父親のことを決して明かさなかったという。

娘の母は教会に通っていて、洗礼名はグレースだったという総理。

訪ねてくるのに時間がかかっているという神父。

グレースが生んだ子に洗礼名をつけた神父を調べてほしいと頼む総理。

2人の居場所が知りたいという。

ある日突然いなくなり、姿を消したのか連れ去られたのかわからないという。
 

イネは病室で目を覚ます。

伯母が付き添い、お腹を見るイネ。

奇跡に助かって女の子だというと会いに行くイネ。
 

総理は家でイネの絵を見つめているとヨンテが入ってくる。

1日中音信不通だったと言いに来る。

妻も入ってきて話に加わる。

ヨンテは国防長官が武器取引への関与を否定し、自殺を試みたという。

国務会議を開かねばというヨンテにそんなことは自分がやれという総理。

2人は私を総理にしてくれたといい、明らかな不正を闇葬ることはできないという。

総理の様子が変だという妻。

総理は銃で撃たれたような衝撃を味わったという。

ヨンテに妻の忠犬のようだが私に仕えてほしかったという総理はヨンテを追い出す。

妻はどうしたのかと聞くと正気だという総理。
 

政府総合庁舎では部長が現れると記者が取り囲む。

警護室長は部長の時代がやってきたようだといい、自分以外部長を止められないという。

部長が入ってくると警護室長は部長に銃を向ける。

国民の注目を集めやがってというと、部長はリベートをどこに隠したと聞く。

ヨンテもやめろというと先に殺すぞと銃口を向ける警護室長。

部長は銃に怯えず警護室長に近づきながら、実戦経験がないくせに強がった男だというと黙っていろという警護室長。

部長は警護室長の腕をつかむと銃を落とす。

ファン将軍を擁護しながら軍の物資を盗み、立場が悪くなると寝返り、将軍のせいにしていたと警護室長にいう部長。

自殺するように仕向けたのかといい、警護室長のお腹を殴り出ていく部長。

ヨンテは驚いている。
 

チョエはグァンチョルとセギョンと会い、仕事の話をする。

セギョンはチョエに宣戦布告されたといい、グァンチョルにオマールを逃さないでという。

グァンチョルはセギョンにそろそろ整理しないと話すと、セギョンは理解する。

イネには勝てないというセギョン。
 

グァンフンは子どもを抱いていると、ヘジンがイネの子どもは女の子だったと話す。
 

イネはガラス越しから子供を神父と一緒に見ている。

イネを洗礼名のサラと呼ぶ神父。

子どもの名前を神父につけてもらい、エスターの名をもらう。
 

総理の家ではテギョンと総理の妻とチョエが3人で総理を待たず食事をしようとする。
すると総理が酔って帰宅し、セギョンが付き添う。

総理は間違った生き方をした罪深い人間だ、堪えられないと話す。

妻は総理に酔ったふりをしているという。

妻に君は人間かと聞く総理。

取り返しのつかないミスでもしたのかと聞く。
 

グァンチョルはセギョンも一緒にイネの病室にきてベビー服を渡す。

セギョンが先に帰る。

イネはセギョンがかわいそうだというと時間が解決するというグァンチョル。

私たちの関係をはっきりさせようというイネ。

セギョンの元へグァンチョルをいかせようとするイネ。

グァンチョルはどうするかは自分が決めるといい、出ていく。
 

グァンフンがイネの病室に電話をしてくる。

子どもの名はエスターかといい、すまないと謝るグァンチョル。

黙って電話を切るイネ。
 

グァンチョルが執務室へ行くと電話がたくさんきているという館長。

すべてに嫌気がさしたというグァンチョル。

イネに拒まれたといい、生きている意味がないというグァンチョル。
 

総理の家では総理がいないと妻がテギョンとセギョンに話しているとヨンテから電話がくる。

テギョンが電話に出てヨンテに話があると会う約束をする。

家の金庫番を切り捨ててやると言うテギョン。
 

ヨンテと会うといきなりテギョンは殴りつけられる。

死ぬ覚悟はあるのかと脅され、ガキは口を出すなと言われるテギョン。

チョエにとりいって総理を助けるつもりだなというヨンテ。

セギョンを巻き込むなといい、帰っていく。
 

総理はイネに会いに来る。

誤解しないでほしいといい、両親のことをおしえてほしいという。

父はいないといい、母は殺されたというイネ。

母の死は顔も知らない父の仕業だと最近わかったという。

総理は殺されたのかと聞く。

詳しく話してほしい、力になれるかもという総理。
訪ねてこなければよかったのにといい、総理に背を向けるイネ。

果てしない愛 第24話を見た感想

いきなり救急車だったので血を吐いたのと関係あるのかな?と思いました。

エスターが生まれてからは大丈夫そうにみえましたが。

いざ生まれてみると違いますね。

総理は本当にイネが娘と思っているかどうかが少し微妙ですが間違いないです。

イネの母の死は知らなかったようですが、自分が犯人にされているのはショックでしょう。

早いとこ犯人を見つけ出してなんとかしてもらいたいです。

警護室長が銃を向けても全く怯まない部長はしぶいです。

グァンフンも未練がすごくありますね。

諦めては戻りの繰り返しです。

イネのほうがきっぱり割り切ってきています。

でもグァンチョルを突き放すのはやめて~って思いました。
 

-果てしない愛

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.