三銃士

三銃士 第8話<ユンソの願い>のあらすじと感想

投稿日:

三銃士 第8話 前回までのあらすじ

世子嬪は、世子が隠していた謎の女の正体を知った。

世子の最初の妻になる相手だった事と、ミリョンは本当は下女であった事を。
 

そして、キム・ジャジョムの弱みを聞き出すために二人きりなった世子がミリョンに刺されてしまい、王宮に知らせなくてはいけないほど重傷の傷を負い後戻りが出来なくなってしまう。

皆が世子を守るために考えた策で、キム・ジャジョムを捕らえることにも成功し、ジャジョムの弱みを握ることもできた。

だが、この策でダルヒャンは捕らえられスンポとミンソも世子を守れなかった罪に問われる事になってしまった。

スポンサーリンク

三銃士 第8話<ユンソの願い>のあらすじ

世子が王宮に戻り、世子嬪は世子が治療中側に付き添っていたが世子の血を見て気絶してしまった。

目を覚ました世子嬪は、世子の手当が終わり峠は越えたことを知り自分の体も回復していないのに世子の元へ向かった。

そこには、医女になりすましたミリョンの姿があった。

ミリョンの顔を見て、見覚えがある事に気づき部屋を出て行ったミリョンを追った世子嬪。
 

「もしや、ヒャンソンでは?」の問いに答えるミリョン。

ミリョンは自分が世子を刺した事を白状し、自分も惨めだが世子嬪も惨めだと話した。

そして、何をするか分からないからとミリョンは世子嬪の前から去って行った。
 

ダルヒャン達はひと月もの間牢に閉じ込められることになった。

その間に外で起きたことは、ク内官から聞いていた。
 

チェ・ミンギョルが世子嬪に協力を求め、坊さんになりすましたヨンゴルテを王宮の外に逃がした。

そして、ミンギョルはヨンゴルテを捕まえ和解をと王様に助言した。

裏切り者が誰かをはっきりさせる為に。
 

王様はヨンゴルテの首をはねると言う命令を撤回し、ヨンゴルテは約束の場所で捕らえられた。

そして、ジャジョムは王様からの信頼を無くし追われるように赴任先へと戻って行った。
 

一か月後、ダルヒャン達は牢を出て処刑場へ。

処刑が始まり、スンポが棒たたきを受けている時、世子が姿を現した。

王様に掛け合うと言い、処刑を一時中断した。
 

世子は王様にひどく怒られ、世継ぎが出来ないのも世子のせいだとし世継ぎが出来るまで謹慎を食らうことになってしまった。

だが、世子が掛け合った事により、ダルヒャン達の処罰は無くなった。
 

3人に王命が下された。

スンポとミンソは官位を剥奪され100日間の謹慎となった。

一方のダルヒャンは、即刻部隊に戻り任務につけとの命令だった。

ダルヒャンだけが、すぐに仕事を開始しヨンゴルテ率いる使節団の護衛として国境までの護衛を命じられた。
 

ギリギリの所で間に合ったダルヒャンにク内管から世子からの贈り物として世子の刀を授かったダルヒャンだった。
 

その頃、安州にいるキム・ジャジョムの元にミリョンと一緒だったノスが訪ねて来た。

ヒャンソンを渡すと言い、ヒャンソンの過去を知らせた。
 

世子は、謹慎を言い渡され監視が続いていた。

「世継ぎを」と王様に言われ仕方なく世子嬪の部屋へ行き、そこで世子嬪がミリョンについて全てを知った事を知ることになった。
 

ジャジョムは、病に倒れたミリョンに「お前を世子嬪にしてやろうか」と話を持ち掛けた。
 

そして、世子嬪は世子とミリョンの過去を知り自分には入る隙が無いと泣きながら廃妃にしてほしいと世子に懇願していた。

三銃士 第8話<ユンソの願い>を見た感想

切ない女心が詰まった第8話でした。

ミリョンの世子への叶わない想いと、事実を知った世子嬪ユンソの世子への想い。

お互い同じ女として、うらやましくもあり憎くもあり…
 

ユンソの世子を想う気持ちもどんどん強くなっていると感じました。

確かにはじめは好きでもない人との結婚に、そっけない夫の態度ですから決められた事とはいえ我慢にも限界があると思います。

ですが、最近では世子を想う気持ちも強く、切なく泣く姿は胸にジーンときます。

廃妃をせまったユンソですが、はたして世子は受け入れるのでしょうか。
 

-三銃士

Copyright© 韓国ドラマあらすじナビ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.